【麻雀ゲーム】雀魂-じゃんたま-ってどんなゲーム?

麻雀ゲーム

雀魂ってどんなゲームなの?

今回はこのような質問に答えるために、様々な麻雀ゲームをしたことがある私が雀魂(じゃんたま)について、その特徴を踏まえながら分かりやすく説明したいと思います。
麻雀ゲームを始めようと考えている方、雀魂に興味のある方のほんの一助となれば幸いです。

雀魂-じゃんたま-ってどんなゲーム?

雀魂は2019年4月25日に株式会社Yostarからリリースされました麻雀ゲームです。
オンラインで世界中のプレイヤーとリアルタイムで対戦することができます。
自分の実力に応じた段位戦から、プライベートなグループを作っての友人対戦、定期的に行われる大会等、様々な対戦スタイルで、麻雀初心者から上級者まで幅広く遊ぶことができます。

もやし
もやし

ios、アンドロイド、PCのどちらからでもダウンロードできます。
ダウンロードはこちらから。

雀魂の特徴

他の麻雀ゲームと比較した際、雀魂の特徴は以下の3つにあると思います。

①自分だけのアバターを作成できる
②麻雀初心者も始めやすい
③シビアな段位システム

それではそれぞれの特徴について早速説明していきます。

自分だけのアバターを作成できる

雀魂の特徴はなんといってもアバターの存在です。
プレイヤーは自分好みのアバターを様々なキャラクターから選択することができます。
最初はキャラクターは以下のように2人までしかいませんが、課金によるガチャで増やすことができます。

もやし
もやし

最初は「一姫」と「二階堂美樹」の2人しか選択できませんが、ガチャを回すことでキャラクターが徐々に増えてきます。

もやし
もやし

こちらがガチャの画面です。

立直棒やあがり演出等の装飾品もガチャでゲットできます。

もやし
もやし

麻雀だけではなくソシャゲ要素も満載で、自分だけのキャラクターを育ててみたい!という方にはおすすめです。

麻雀初心者も始めやすい

麻雀初心者の方も気軽に始めやすいシステムになっています。
まずこちらのホーム画面ですが、右上に「?」マークがありこちらを押すと、麻雀役や麻雀のルールを確認することができます。

もやし
もやし

ゲームを始める前にこちらのページでルールや役の復習ができるのは麻雀初心者にとってありがたいですね。

またゲーム中の演出もユーザーを楽しませてくれます。
あがる際に雷を落とす演出をしてくれたり、対局中のBGMを指定の中から選択することができます。

もやし
もやし

実際にだれかのあがりが発生すると、以下のような演出を見ることができます。

また、キャラクターにもそれぞれ声優さんが声をつけており、立直した時やあがった際にはキャラクターのボイスを聞くことができます。

もやし
もやし

一姫のCVは内田真礼さん、二階堂美樹のCVは斎藤千和さんが担当されています。萌え~

シビアな段位システム

雀魂の段位は「初心」から始まり、「雀士」「雀傑」「雀豪」「雀聖」と昇格していき、最終的には「魂天」になります。
同じ段位の中でもさらに「★1~3」とランク付けがされており、★が多いほどランクが高くなります。

段位戦は終局時の持ち点及び順位点によって段位ポイントが変動します。
段位ポイントを増やすことができれば上の段位に昇段できますが、段位ポイントが0を切ると下の段位に後段してしまいます。

さらに、段位戦ではレベルに応じて以下のように卓が分かれています。

●銅の間:初心、雀士
●銀の間:雀士、雀傑
●金の間:雀傑、雀豪
●玉の間:雀豪、雀聖
●王座の間:雀聖以上
もやし
もやし

自分の段位が上がれば上がるほど、より強い人と打つことができます。天鳳と近いシステムですね。

まとめ

今回は麻雀ゲームの雀魂について紹介しました。
個人的な感想としては、麻雀初心者の方には麻雀ゲームの中で最もおすすめできるゲームだと感じました。
麻雀初心者の方も始めやすいようにできており、雀魂をするだけで楽しく雀力の向上につながるかと思います。

もやし
もやし

もし麻雀ゲームで何を始めるか悩んでいる方は、是非雀魂を始めてみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました