雀荘について徹底解説!初心者が知っておくべき3つのこと

雀荘に行く前に
・雀荘ってどんな場所なの?
・初めて雀荘に行く初心者が知っておくことって何かある?
・雀荘に行く流れを教えて!

本記事では、様々な雀荘に行ったことのある私が、どこよりも分かりやすく雀荘について解説します。

あなたは「雀荘に行きたいけど、どんな場所か分からず困っている・・」と悩んでいませんか?

本記事を読むことで、雀荘について理解することができ、安心して雀荘へ行けるようになります

しかも、初心者が雀荘に行く前に知っておくべきことは、たったの3つ。

これら3つを知っているかどうかで、雀荘デビューを楽しく飾れるかに雲泥の差が出ます

もやし
もやし

それでは早速説明していきましょう!

雀荘について徹底解説!初心者が知っておくべき3つのこと

雀荘に初めて行く初心者が知っておくべきことは以下の3つです。

①雀荘の営業形態
②雀荘へ行く前に準備するべきこと
③雀荘への入店~退店までの流れ

これら3つすべて把握すれば、あなたも雀荘マスターです!

①雀荘の営業形態

雀荘とは、お金を払って麻雀を打つことができるお店です。

全自動麻雀卓が設置されており、快適に麻雀を打つことができます。

もやし
もやし

カップ麺やカレーといったご飯、ソフトドリンクからアルコールといった飲み物も注文することができますよ。

雀荘には2つの営業形態があります。

①セット雀荘
②フリー雀荘

では、それぞれの違いについて説明していきます。

セット雀荘とは?

セット雀荘とは、友達や同僚といった仲間内だけで卓を貸切って麻雀を打つことができるお店です。

仲間内で打つため、ルールやレートは自分たちで決めることができます。

料金は、1時間ごとの場代の合計額となります。

例えば1卓1時間1,200円だった場合、5時間借りると料金は「6,000円(1,200×5)」となります。

それをさらに借りた人数で割りますので、4人で借りた場合は、一人当たり「1,500円(6,000÷4)」となります。

もやし
もやし

料金の相場は大体1卓1時間1,000円~2,000円です。
学生は、学割でもっと安くなるパターンもありますよ。

フリー雀荘とは?

フリー雀荘とは、ひとりで立ち寄って麻雀を打つことができるお店です。

麻雀は3~4人いないと打つことができないゲームのため、一緒に打つ仲間を集める必要があります。

しかし、予定が合わなかったり、そもそも麻雀のルールを知っている人が周りにいない場合など、なかなか麻雀を打てない時がありますよね。

もやし
もやし

そんなあなたにはフリー雀荘がおすすめです。

フリー雀荘であれば、1人で好きな時に麻雀を打ちに行くことが可能です。

あなたと同様に、1人で来店されたお客さんと一緒に卓を囲んで麻雀を楽しめます。

もやし
もやし

お客さんの数が少ない時は、従業員(通称メンバー)も卓に入ってくれるので安心です。

フリー雀荘の場合、ルールやレート、料金はお店が決めたものとなります。
もやし
もやし

そのため、ルールとレートについては、ネットで事前に調べたり、お店に入った際にメンバーに確認する必要があります。

フリー雀荘には「ノーレート雀荘」と「オンレート雀荘」の2種類があります。

お金を賭けないノーレート雀荘

ノーレート雀荘とは、文字通りお金を掛けないフリー雀荘です。

麻雀に勝っても負けても、対戦者同士での金銭のやりとりは発生しません。

初めてフリー雀荘に行く場合は、まずノーレート雀荘で雀荘の雰囲気をつかむことをおすすめします。

もやし
もやし

麻雀初心者向けの講習があったり、麻雀初心者だけの卓を作るなど、麻雀初心者に優しい雀荘が多いですよ。

場代は大体1時間単位で支払うことが多いですが、雀荘によって異なりますので事前に確認しておきましょう。

お金を賭けるオンレート雀荘

ノーレート雀荘とは、文字通りお金を掛けるフリー雀荘です。

麻雀の成績に応じて、対局者同士で金銭のやり取りが発生します。

レートは雀荘によって様々ですが、だいたい以下の2つ。

・1,000点=50円の「0.5(テンゴ)」
・1,000点=100円の「1.0(ピン)」

場代もレートに応じて異なり、テンゴであれば1人1ゲームで400円~500円ピンであれば1人1ゲームで500円~600円が相場です。

②雀荘へ行く前に準備するべきこと

雀荘に行く前に、以下の3つの準備は欠かせません。

・ルールの把握
・お金の準備
・最低限のマナーの遵守

セット雀荘であれば仲間しかないので、これら3つは準備しなくても最悪何とかなりますが、フリー雀荘の場合、相手は基本的に初対面の人です。

もやし
もやし

そのため、最低限相手に失礼のないようにゲームをする必要があるので、これら3つは準備しておいた方が良いですよ!

ルールの把握

麻雀のルールはある程度把握しておきましょう。

なぜなら、麻雀のルールが曖昧ですと、ゲームの進行が滞り、他のお客さんに迷惑をかけてしまうから

もやし
もやし

ちなみに、親・子の50符までの点数計算は出来ておいた方が良いです。これはまじで。

点数計算が曖昧な方は、こちらの記事より点数計算表をダウンロードしてください。いつでもスマホから確認できます。

麻雀点数計算表のPDFダウンロード【三麻・四麻どちらもあります】
点数計算表をケータイで気軽に確認したいな、と思っている方はいませんか?そのような方のために今回は、三麻・四麻の麻雀点数計算表PDFを作成しました。是非ご自由にダウンロードしてご利用ください!

「まだしっかり覚えきれていない・・・」という方は、点数計算表の覚え方のコツについて説明しているこちらの記事も一緒に確認するといいですよ!

【麻雀】裏技!点数計算表の簡単な覚え方(PDF・画像あり)
麻雀の点数計算表を覚えるのに苦労している方はいませんか?今回は、麻雀の点数計算表の簡単な覚え方について説明していきます。また、点数計算表の画像やPDFも作成していますので、必要な方はダウンロードしてご利用ください。点数計算表を覚えられなく困っている麻雀初心者の方必見です!

また、麻雀牌を使うので、大まかなゲーム進行の流れも知っておくといいです。

麻雀牌をこぼしたり、山を崩したりするとチョンボになる可能性があります。

なお、細かいルールは雀荘によって異なります。

もやし
もやし

初めて雀荘に行く場合、雀荘の店員であるメンバーがルールを教えてくれるので、忘れずにしっかりと聞きましょう。

お金の準備

現金をしっかりと準備してから雀荘に行きましょう。

なぜなら、オンレートでもノーレートでも、必ず場代を支払う必要があるからです。

ノーレートの場合は、1時間1,000円程度ですので、打ちたい時間×1,000円程度を持っていけばOK。

オンレートの場合は、レートに応じて準備すべき金額が異なります。

テンゴは20,000円ピンは50,000円ほどあれば、時間を気にせず遊ぶことができます。

とはいえ、出来るだけお金は残して帰りたいものですよね。

そこで麻雀のセオリー・戦略についてこちらの記事でまとめていますので、本気で勝ちたいと思う方は読むことをおすすめします。

【麻雀のセオリー・戦術】勝つために必要なたった4つのコツ
麻雀のセオリー・戦術をたった4つのポイントに絞って分かりやすく説明しています。麻雀で勝てないあなたも、この4つを意識するだけで劇的に成績が変わります。麻雀初心者の方は是非ご覧ください!

最低限のマナーの遵守

雀荘では最低限のマナーを守りましょう。

なぜなら、初対面のお客さん同士に対して失礼な言動をしてしまうと、全員が気持ちよく麻雀を打つことができないからです。

もやし
もやし

マナーが悪すぎると出禁になってしまうので注意しましょう。

基本的には、以下のことが守れていれば大丈夫ですよ。

・相手にしっかりと聞こえるように発声をする
・点棒は投げない
・一打5秒以内を心がける
・切るのに時間がかかりそうな時は一言「すいません」と言う

また、初めて行く雀荘では、メンバーがルールに加えてマナー面も説明してくれるので、メンバーの指示に従うようにしましょう。

③雀荘に入店~退店までの流れ

ここまでは大丈夫でしょうか。

それでは次に、雀荘に入店してから退店するまでの流れについて簡単に説明しようと思います。

もやし
もやし

ざっくりと「こんな流れなんだな~」と理解できればOK!

セット雀荘の場合

セットをする場合は、セット雀荘に事前に電話をしましょう。

電話の際には「利用時間」「利用卓数」「人数」を言えば大丈夫です。

あとは時間になったら雀荘に行くだけです。

フリー雀荘の場合

フリー雀荘の場合は、原則事前の電話等は不要です。

自分が行きたくなった時にふらっと雀荘に行ってOK。

雀荘に到着してからの流れは以下のとおり。

(1)待ち席に座る
(2)両替・ルール説明
(3)対局開始
(4)対局終了後は清算
(5)ラス半コールをして退店
(1)待ち席に座る

入店したら、待ち席がありますので、そこに座ってメンバーが来るまで待機しましょう。

(2)両替・ルール説明

まず雀荘に到着したら、お金を両替し、メンバーからルール・マナー説明を聞きます。

両替は、(1)現金をそのまま両替するパターンと、(2)その雀荘で使用する通貨に変換するパターンの2つ。

両替後はメンバーからルール・マナーの説明があります。

フリー雀荘に初めて来た場合は、メンバーにその旨伝えると良いでしょう。

もやし
もやし

懇切丁寧にメンバーがサポートしてくれますよ。

(3)対局開始

メンバーからの説明が終わり、卓に空きがあれば対局開始です。

卓に入る際は、「お願いします」と一言あると良いです。

もやし
もやし

あとは麻雀を楽しむことに没頭しましょう。

(4)ゲーム終了後は清算

オンレート雀荘の場合の場合、1ゲームごとに金銭のやり取りが発生します。

卓上に表示された金額を、対戦相手から受け取るor渡しましょう。

また、オンレート雀荘の場合は「祝儀」があるのが一般的です。

祝儀はゲーム中に支払うので、渡す際は相手の卓の端側に置いて渡しましょう。

(5)ラス半コールをして退店

ゲームを終了して退店したい時は「次のゲームでラス半お願いします」と、事前にメンバーに伝えればOKです。

もやし
もやし

ラス半とは「ラスト半荘」の意味です。

最後のゲームが終了したら卓上の清算を済ませ、レジにて換金などの手続きをし、退店します。

雀荘初心者におすすめの雀荘

雀荘初心者に圧倒的におすすめの雀荘は「マーチャオ」です。

なぜなら、マーチャオはメンバーの接客が全国の雀荘の中でもトップクラスに丁寧で、初心者の方にも楽しんでもらえるように全力でサポートしてくれるからです。

また、マーチャオは店内設備も整えられており、快適に麻雀を楽しみことができます。

マーチャオにのことをもっと知りたい方は、こちらの記事を読むことをおすすめします。

まだ迷っているの?フリー雀荘に初めて行くならマーチャオ一択!
初めてフリー雀荘に行きたいけど、どこの雀荘にするべきか迷っていませんか?雀荘に5年以上通っている私が、初めてのフリー雀荘におすすめの”マーチャオ”について紹介したいと思います。これから始めてフリー雀荘に行こうと考えている方は是非ご覧ください!

まとめ

今回は雀荘のことについて解説しました。

雀荘に行く前に初心者が知っておくべきことは以下の3つです。

①雀荘の営業形態
②雀荘へ行く前に準備するべきこと
③雀荘への入店~退店までの流れ
もやし
もやし

これらを3つを知っておくだけで、雀荘で思い出に残る楽しいデビューを飾ることができます!

また、雀荘の営業形態や入店~退店までの流れも把握しておくと、より安心して雀荘に行けますね。

初めて行く雀荘は、未知の世界のようで、とても緊張すると思います。

もやし
もやし

かくいう私もそうでした。

しかし、初めて雀荘に行ってから7年が経過した今では、仕事終わりや休日に雀荘に行くほど、私にとって当たり前かつ必要不可欠な場所となりました。

もやし
もやし

そのくらい魅力的で、人を虜にさせる素晴らしい空間であると私は思います。

本記事が、あなたの楽しい雀荘デビューのほんの一助となれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました