【麻雀】ワンチャンス・ノーチャンスとは

麻雀初心者へ

麻雀でワンチャンスとノーチャンスって聞くけどどういう意味なの?

今回は麻雀のワンチャンス及びノーチャンスについて麻雀初心者の方でも分かりやすいように説明しようと思います。

ワンチャンス・ノーチャンスとは

ワンチャンスとは同じ数牌が3枚見えていることノーチャンスとは同じ数牌が4枚見えていることを意味します。
ではワンチャンスとノーチャンスをどのように実戦で活用するのかについて説明していきます。

ワンチャンス

ワンチャンスとは同じ数牌が3枚切られていることを意味します。

例えば場に二筒が3枚見えているとします。
このような時に相手から立直がかかった場合、場に二筒が3枚見えているので、相手が二筒を持っているケースが減り、相手の待ちから二筒の外側の数牌が当たり牌となる可能性が低くなります。
つまり、二筒三筒持ちの一筒四筒のリャンメンの可能性が少なくなり、一筒が通常時より切りやすくなります(四筒四筒七筒のリャンメン等の様々な待ちが残っているので除外します。)

このように場に3枚同じ数牌が切られていることをワンチャンスと言い、ワンチャンスとなっている数牌の外側が当たり牌となる可能性が通常より低くなります。

もやし
もやし

ただし、ワンチャンスの情報を過信し、雑に無筋を切ることは厳禁です。相手が残りの1枚を持っているケースも十分考えられるので、実戦で活用する際には注意が必要です。

ちなみに、二筒三筒がそれぞれ3枚ずつ切られていることを「ダブルワンチャンス」と言います。二筒三筒より外側の一筒の安全度がより高くなります。

ノーチャンス

ノーチャンスとは、同じ数牌が4枚見えていることを意味します。

ノーチャンスはワンチャンスと異なり、4枚見えているという確かな情報ですので、かなり有用に使うことができます。押し引きの際にもノーチャンスが見えているかどうかでかなり差が出てきます。

例えば場に二筒が4枚見えているとします。
このような時に相手から立直がかかった場合、相手が二筒を持っているパターンはなくなります。
よって、二筒三筒持ちの一筒四筒のリャンメンがなくなり、一筒がかなり通しやすくなります。
もやし
もやし

一筒が当たるケースは一筒一筒のシャンポンか一筒単騎のみとなります。

このように、ノーチャンスとは場に同じ数牌が4枚切れていることを意味し、ノーチャンスの牌の外側はかなり安全となり、当たり牌となるケースがほとんどなくなります。

もやし
もやし

とはいえ、こちらも現物でない限り100%当たらないわけではないので過信は厳禁です。

それでは以下のような河で相手より立直が来たとします。
ベタオリをするとして、自身の手で何が一番安全でしょうか?

●相手の河
南西北三萬八萬九萬
二筒四索七筒   ※三萬は場に4枚見えているとする

●自身の手
伍萬伍萬伍萬一筒三筒四筒八筒九筒五索五索六索六索七索八索

もやし
もやし

皆さん分かったでしょうか?
一筒七索ではありませんよ。

正解は伍萬となります!

まず八萬が切れているため、伍萬八萬のリャンメン待ちはありません。
そして三萬が4枚見えているため、二萬伍萬のリャンメンもありません。
さらに自身で伍萬を3枚持っているため、伍萬のシャボ待ちも除外できます。
よって、伍萬が当たり牌となるパターンは

四萬六萬と持っている伍萬のカンチャン待ち
伍萬単騎

の2種類だけとなります。
しかしカンチャン待ちは相手の河に三萬が切られており、リャンメン待ちにしていないのが不自然ですのでほぼ除外できます。よって残るパターンは伍萬単騎(当たるとしたらほぼ七対子)だけとなります。

このようにノーチャンスは自身がベタオリする際にかなり有効に使うことができます。

もやし
もやし

麻雀初心者の方は特に見落としがちなので、数牌が4枚見えているかは必ず確認するようにしましょう!

まとめ

今回は麻雀のワンチャンス・ノーチャンスについて説明しました。
もう一度それぞれについて整理しましょう!

・ワンチャンス:同じ数牌が3枚見えていること
・ノーチャンス:同じ数牌が4枚見えていること
・ノーチャンスとなっている牌の外側の牌は特に安全となる

皆さんもワンチャンス・ノーチャンスの情報を実戦で活かし、麻雀の成績上昇に是非繋げてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました