【麻雀初心者】麻雀上達におすすめの本!ウザク式麻雀学習はじめの書

麻雀本レビュー

こんにちは、もやしです。

麻雀の上達に向けて何か本を読もうと思っているけど、どの本を読めばいいか迷っている人はいませんか?

今回はそんな方のために、過去に麻雀戦術本を40冊以上読んだ私がおすすめする麻雀戦術本「ウザク式麻雀学習 はじめの書」について紹介しようと思います。

「ウザク式麻雀学習 はじめの書」の内容や特徴、そして読むことでどのような効果が得られるかについて出来るだけ分かりやすく説明をしますので、興味のある方は是非本記事をお読みください!

もやし
もやし

本記事はこのような人におすすめ!
・麻雀上達につながる本を探している方
・麻雀初心者の方
・実戦向きの麻雀戦術本を探している方

ウザク式麻雀学習 はじめの書 レビュー
対象レベル 初心者
内容 5.0
読みやすさ 5.0
おすすめ度 5.0

ウザク式麻雀学習 はじめの書 とは

本書は、麻雀戦術本今まで出した本全てがベストセラーになっているG・ウザク氏の第4冊目の麻雀戦術本です。

ウザク式麻雀学習はじめの書 [ G・ウザク ]

価格:1,210円
(2021/8/31 21:25時点)
感想(0件)

本書を繰り返し読むことで、麻雀上達には欠かせない実戦での手牌のあがりまでの方向性」や「基本的な何切る」を体に覚えさせることができます。

本書の特徴は「実戦を極限までに再現」しているところです。

麻雀を学ぶには、実際に卓を囲んでプレイしながら同卓者に教えてもらうのが一番効率が良いです。しかし現実は、周りにプレイヤーがいなかったり、自分のレベルに合わせて打ってもらえる環境にないことが多いです。

そのような麻雀初心者のために、本書は配牌からあがりまでの1巡1巡を全て何切る問題にしており、それを東1局~南4局の1半荘分をひたすら続けた超実戦向きの内容となっています。

この本を読むことで、まるで打っているかのような感覚で、実際のゲームの流れや何切る問題の勉強をすることができます。

それでは以下より、もう少し詳しく説明していきます。

対象レベル

麻雀のルールや点数計算がようやく出来るようになり、実戦で勝てるようになりたいと考えている麻雀初心者の方に非常におすすめです。

問題の難易度は、麻雀上級者であれば当然できるような基本的なものがメインとなっています。
しかし、麻雀初心者であればそれなりに苦戦すると思いますので、繰り返し読むことが前提となっています。

内容

先ほども言ったとおり、配牌からあがりまでの1巡1巡を全て何切る問題にしており、それを東1局~南4局の1半荘分をひたすら続けた内容になっています。

例として、以下の牌姿をご覧ください。

東1局 北家 1巡目 ドラ二索
六筒二萬二萬三萬六萬二索四索六索七索八索九索中北 三索

まず1ページ目にこのような何切る問題が出題され、ページをめくると理由付きで解答が書いてあります。(今回の問題ですと中切りが正解となります。)

さらに次のページへ進むと、以下のような何切る問題が出題されます。

東1局 北家 2巡目 ドラ二索
二萬二萬三萬六萬六筒二索三索四索六索七索八索九索北 二筒

先ほどの牌姿が一手進み、新たに二筒をツモってきて何を切るかという問題になっています。
ページをめくると理由付きの解答が用意されており、更に次のページを見ると以下のような牌姿が用意されています。

東1局 北家 3巡目 ドラ二索
二萬二萬三萬六萬二筒六筒二索三索四索六索七索八索九索 七筒

先ほどの手が、さらに一手進んだ何切る問題となっています。

このように、配牌からあがりまでの1巡1巡が何切る問題となっており、この本を読むだけで1半荘分の実戦練習をすることができます。

そのため、繰り返し読むことで、麻雀上達には欠かせない戦での手牌のあがりまでの方向性」や「基本的な何切る」を体に覚えさせることが可能です。

もやし
もやし

本当に面白い形式だと思います。
このような麻雀戦術本は過去1度も見たことがないです。

また、あがれた時の点数計算や、あがれなかったときのノーテン罰符の支払い方等もこの本で学習することができます。

読みやすさ・構成

先ほども説明した通り、東1局~南4局までの全てを何切る問題として掲載しています。

基本的に、右ページに何切る問題が出題されており、左ページに前問の解答が用意されています。
解答は、すっと頭に入ってくるような分かりやすい簡潔な文章となっています。

巻末付録には、点数計算表や役一覧表が掲載されており、麻雀初心者には優しい仕様になっています。

また、随所にかわいいキャラクターのセリフや漫画といった息抜きポイントが入っており、ストレスなく読み進めることができます。

まとめ

今回は、私のおすすめする麻雀戦術本「ウザク式麻雀学習 はじめの書」を紹介させていただきました。
本書の特徴は、配牌からあがりまでの1巡1巡を全て何切る問題にするという「実戦を極限までに再現」しているところです。
そのため、実際に麻雀を打っているような感覚で本を読み進めることができます。

本書を繰り返し読むことで、実戦での手牌のあがりまでの方向性や基本的な何切るを体に覚えさせることができるので、確実に麻雀の上達に役立ちます。

是非本記事を読んで気になった方は、「ウザク式麻雀学習 はじめの書」を実際に手に取って読んでみてください。

ウザク式麻雀学習はじめの書 [ G・ウザク ]

価格:1,210円
(2021/8/31 21:25時点)
感想(0件)

コメント

タイトルとURLをコピーしました