【麻雀本おすすめ】麻雀はデータでやれ!「統計学」のマージャン戦術

麻雀本レビュー
・麻雀戦術本でおすすめはある?
・麻雀のデータが整理されている本はある?

このような方向けに、今回はみーにん氏著の麻雀戦術本統計学」のマージャン戦術を紹介します。

本書では、統計学に基づいた麻雀データを根拠に麻雀戦術が展開されています。
そのため、私は本書を「麻雀戦術本の中で最も正解に近い本」とさえ思っています。

では、統計学のマージャン戦術がどのような本なのか説明していきましょう!

もやし
もやし

本記事はこんな人におすすめ!
・麻雀戦術本で何を買うか迷っている方
・麻雀中級者の方
・麻雀の細かいデータを確認したい方

統計学のマージャン戦術 とは

本書に書かれている麻雀戦術は、ネット麻雀「天鳳」の鳳凰卓3100万局の対局から抽出された数値的データが根拠として挙げられています。

もやし
もやし

これが何を意味するのか、皆さんお分かりでしょうか?

通常の麻雀戦術本は、「俺は今までこうやって戦ってきた」という主観的な経験に基づく内容が多かったです。
しかし、人間ができる対局数なんてものはたかがしれています。

1日30半荘までと仮定した場合、1日で240局程度麻雀を打つことができます。
つまり、人間が3100万局麻雀を打つには、単純計算で129,166日、つまり353年かかります。

もやし
もやし

無理ですよね、確実に死にます(笑)

つまり、本書で使用されている数値的データは、人一人が一生かけても実現できない圧倒的な対局数から解析されたものなのです。

いかにこの本の内容が絶大な信用を誇り、そして麻雀の正解に限りなく近いかどうかがお分かりになると思います。

このように、全ての選択肢がデータで示されることで、定量的に状況を予想し、より有利な判断をすることができるようになります。
データによる裏付けを知ることで、多少の不運に動じることなく、自分の行った選択に自信を持てるでしょう。

下手な麻雀戦術本を購入するくらいなら、この本を購入し、頭に叩き込む方が確実に自身の雀力の成長に繋がります。
まさに、麻雀上達には欠かせない1冊と言ってもいいでしょう。

みーにんさんとは

この本の内容を語る上で、著者のみーにんさんの話は欠かせません。

みーにんさんは、東京大学卒業後、数理的・統計的な観点から麻雀の研究を行っている方です。
ネット麻雀「天鳳」の牌譜を解析することで、様々な麻雀データを世に発表しています。

実際にみーにんさんが調べたデータを活用している本は、

・勝つための現代麻雀技術論
・神速の麻雀 堀内システム51
・黒いデジタル麻雀~現代流データ戦術を斬る~

等々、様々なものが出版されています。

このように、みーにんさんは麻雀のデータを世に公表し、様々な戦術の裏付けを行ってきた、麻雀界に大きく貢献している重要人物であると言えます。

本書の使用方法

本書は、読者の雀力に応じて使用方法を変えることを推奨します。

本書の冒頭部分で、下記のような記述があります。

初心者・初級者の方は、理由の部分はざっと目を通す程度にとどめ、戦術論の部分を重点的に読みましょう。また、中級者以上の方は理由の部分を読みながら、本書の例外にあたるケースはどこになるかを具体的に考えながら読みましょう
(引用:「統計学」のマージャン戦術3頁)

本書で紹介されている麻雀戦術の中には、今では当然になっているものから目新しいまで様々あります。
例えばこんな感じです。

・先制リャンメンは立直
・先制愚形も立直
・終巡のションパイ字牌はかなり危険

このような戦術1つ1つに、データによる裏付けが記されています。

初心者の方の場合、戦術を覚えるのに苦労すると思うので、裏付け部分は飛ばしてしまいましょう!

もやし
もやし

数学でも公式の意味を覚える前に、まずは実際に計算して使ってみる感覚に近いですね。

そして、ある程度戦術が身体に定着している中級者の段階でようやく裏付け部分を読むことを推奨します。
今まで何となく行っていた選択に理由付けがされ、迷いなくより強い意志でその選択を続けることができます。
一方で、今まで行ってきた選択が誤っていた場合も、データによる裏付けがされているため、すぐに納得することができると思います。

感想

本書の内容を理解することで、確実に麻雀への理解度が高まり、強くなると思いました。
なぜなら、何度も言うように本書では全ての麻雀戦術に牌譜解析結果に基づいた裏付けがあるからです。

人間というのは勘違いしやすい生き物です。
同じ選択をしていても、好調時には自身の選択が正しいと、不調時には自身の選択は間違っていると思い込んでしまうものです。

しかし、定量的な指標があることで、感情に左右されずに一定の選択をし続けることが可能になります。

つまり、本書で提示されている「データ」という定量的な指標に従うことで、どちらかの選択肢で迷ったときに、より優位な選択をし続けることが可能となります。

本書を読むことで、自分の選択について主観的ではなく客観的な視点で、損か得なのかを判断することができるようになるのです。

ここまでデータに特化した本は今まで見たことがありません。
麻雀オタクには是非読んでほしい1冊ですね。

まとめ

今回はみーにん著の「統計学」のマージャン戦術について紹介しました。

本書に書かれている麻雀戦術には全てがデータの根拠があります。
まさに「麻雀の絶対正解」と言っても過言ではない最強の麻雀戦術本です。
本気で強くなりたい方は必ず購入して読むべきです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました