【天鳳牌譜検討②】手詰まりした時のベタオリ方法【天鳳特上卓東風戦】

牌譜検討

今回は私の天鳳特上卓の実戦譜より、牌譜検討を行っていきたいと思います。
現在5段R2000超えというなかなかの好調ぶりで麻雀をしていて非常に楽しい時期です。
10連ラス回避を達成した時は、勘違いの余り左手にプロ団体への志望届を握りしめたまま天鳳を打っていました。

さて、そんなことはさておき、今回はベタオリの場面で気になった局面がありましたので自身の反省も兼ねて本記事にて取り上げていこうと思います。

手詰まりした時のベタオリ方法

ベタオリしたいけど自身の手牌には無筋だらけ、どれも危険そう・・・

皆さんも立直を受けてこのような経験はありませんか?

もやし
もやし

今回私も朝同じような場面に遭遇してきました。

下家の親の仕掛けに対応していたら、対面から立直を受けた状況です。
下家の親は東ポン打一索七索チー打赤五索二索ポン打六筒です。

オーラスで点棒状況的には対面に押していくべき場面ですが、自身の手牌では厳しいと判断し、降りるべきだと判断しました。

もやし
もやし

さて、ここから降りるとしたら何を切って降りるべきでしょうか?
対面の現物は0で、安全そうな牌も持っていません。

こういった場面では、複数枚持っている比較的マシな牌を連打するのが良いと思います。
理由としては、至ってシンプルで「2巡以上の安全を確保できる」からです。

1枚しかもっていない微妙な筋や無筋の端牌をもっている場合、仮にそれが通過しても次に安パイを持ってこなければまた安全そうな牌を考える必要があります。
しかし、複数枚持っている牌であれば、1度通過さえしてしまえば、次に安パイを持ってこれなくてももう一度切ることができます。

それではもう一度先ほどの場面を見てみましょう。

私が複数枚持っている牌は、八萬四筒七筒八筒となります。

これらの安全度の比較ですが、安全度が一番高そうなのは八筒であるため、ここでは八筒を連打するのが良さそうです。

もやし
もやし

では、なぜ一番八筒が安全度が高そうかについて説明しようと思います。

八筒が相手に当たるパターンとしては、リャンメン・シャンポン・カンチャン・単騎の4種類です。
しかし、九筒が序盤に切られており、その後に一索手出し・八索九索外しが入っているため、シャンポン・カンチャン・単騎はほぼ除外できそうです。
よって、放銃するケースとしてはリャンメンのみとなりそうです。
このように、河にその周辺の牌が切られていることで、牌の安全度を図ることができます。

もやし
もやし

愚形であった場合、七筒九筒九筒から先に九筒を切ってカンチャン固定するようなケースは少ないからです。

また、リャンメンで放銃したとしてもドラを跨がないので放銃時打点も比較的安く済みそうです。

もやし
もやし

まあ今回の場合ですと放銃した時点でほぼ着順が変わるので、放銃時打点はあまり理由にはなりませんが・・・

下家の親に対して8pは危なくないの?

確かに下家が二索ポンして六筒を切っており、八筒はそれなりに当たりそうに見えます。
しかし、下家は当面の立直を受けて一発目に字牌の發を手出ししています。
二索ポンでテンパイであることはほぼ間違いないので、この發は対子持ちor単騎で待っていたケースが考えられます。
しかし、發単騎だとしたら二索ポンの段階で

二索二索發六筒裏裏裏

裏裏裏は面子ということになります。このくっつきのシャンテンから前巡三筒を切っているので、かなり不自然です。
よって、この發は対子で持っていたケースしかあり得ないため、下家の親は發を切った現在ほぼノーテンであることが分かります。
したがって、この八筒はほぼ確実に下家の親には通ります。

もやし
もやし

仮に何かの間違いで放銃したとしても1500~2900で済みそうですので、ラスに落ちることもなさそうです。

ちなみにその他の安全度の比較ですが、感覚的には八筒>(三索六索)>八萬>四筒七筒 です。
三索六索は対子ではありませんが、一索手出しや下家の二索ポンで、対面が三索を持っているケースがそこそこありそうだと考えました。

もやし
もやし

二索三索四索 三索四索 三索五索 三索三索 あたりですかね。

六索カンチャン・シャボもあまりなさそうですので、三索六索八筒の次点で安全そうです。

八萬は萬子の情報が対面に何もないのであまり切りたくない牌です。
「端っこ寄りの牌ということ」「九萬三枚見え」ということもあり、四筒七筒よりはまだマシといったところです。

四筒七筒は計4枚あるので1度通せば4巡しのげそうですが、
「相手が筒子ターツを確実に持っていそう」「自分から四筒七筒が5枚見えていて四筒七筒周りの面子が完成していなさそう」という2点で、放銃率に結構差があると感じ八萬より危険であると判断しました。

まとめ

今回は立直を受けて無筋しか手牌にない時に、複数牌持っている比較的マシな牌を切った方がいいという反省でした。
こういったベタオリ判断は成績に直結するため、対局中でもさぼらずしっかりと行っていきたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました