【麻雀】オーラスで何点差あれば安心か?

麻雀基本戦術

オーラスって何点差あれば安心できるの?

今回はトップ目のオーラスで何点持っていれば安心できるかについて紹介しようと思います。
下との点差を意識することで、押し引きにある程度の基準を設けることができ、平均着順を上げることができます。
もっと麻雀が上手になりたい方におすすめの内容となっていますので、是非ご一読ください。

オーラスで何点差あれば安心か?

そもそも麻雀は最終的に一番点棒を持っていた者が勝利するゲームです。
そのため、常に他家との点差を意識することは非常に大切です。

オーラスで何点差あれば安心できるかですが、以下の順番で安心度が高くなります。

●自分が親の場合
①18100点以上
②16100点以上
③12100点以上
④8100点以上
⑤6100点以上
⑥4100点以上
●自分が子の場合
①16100点以上
②15100点以上
③10100点以上
③8100点以上
④5100点以上
⑤4100点以上

基本的に親も子も③以上であればかなりトップを維持できるイメージです。
では親・子それぞれについて説明していきます。

自分が親の場合

自分が親の場合、ツモられた時の失点が大きくなるため、子の時よりも若干大きめのリードをしていた方が安心です。

18100点以上

跳満をツモられてもまくられないラインとなります。
オーラスでこの点差で迎えられていれば、他家より立直が入ったら降りておけば大体トップで終了できます。

②16100点以上

他家から満貫直撃をされてもまくられないラインです。
時々発生する交通事故のような満貫直撃でも耐えられるのは大きなセーフティリードです。

12100点以上

満貫をツモられてもまくられないラインです。
ひとまずは満貫をツモられてもまくられないこの点差であればかなり安心できます。

④8100点以上

他家が自分以外から満貫をロンあがりしてもまくられないラインです。
しかし満貫をツモられるとまくられるので、状況によってはオーラスでも押す必要が出てきます。

⑤6100点以上

1000-2000をツモられてもまくられないラインです。
ただし満貫をあがられるとまくられてしまうので、これまでの点差よりも押す必要が出てきます。

⑥4100点以上

ノーテン罰符を支払ってもまくられない点差となります。
他家にあがられるとほぼまくられてしまうため基本的に押す必要がありますが、終盤であればノーテンでもまくられないので降りることができます。

子の場合

親よりも他家にツモられて時の失点が少ないため、点差は親の時よりも少なくてもまくられません。
しかし親への放銃がかなり着順に影響を与えるので、親に対しては特に注意する必要があります。

16100点以上

親の満貫ツモ及び子の満貫直撃でもまくられないラインです。
16100点以上あればまくられることはほとんどないので、親が大連荘でもしない限り大体トップで終了できます。

15100点以上

親が他家からの満貫ロンあがり及び子の跳満ツモでもまくられないラインです。
親の満貫ツモでまくられてしまうので、親に対しては押す場面も出てくると思います。

10100点以上

子の満貫ツモでまくられないラインです。
ひとまずこの点差でオーラスを迎えることができれば安心できるラインです。

8100点以上

子が自分以外から満貫をロンあがりしてもまくられないラインです。
しかし満貫をツモられるとまくられるので、状況によってはオーラスでも押す必要が出てきます。

⑤5100点以上

1000-2000をツモられてもまくられないラインです。
ただし満貫をあがられるとまくられてしまうので、これまでの点差よりもかなり押す必要が出てきます。

⑤4100点以上

ノーテン罰符を支払ってもまくられない点差となります。
他家にあがられるとほぼまくられてしまうため基本的に押す必要がありますが、終盤であればノーテンでもまくられないので降りることができます。

まとめ

今回はオーラスで何点差あれば安心できるかについて説明しました。
もう一度ポイントを整理してみます。

●自分が親の場合
①18100点以上
②16100点以上
③12100点以上
④8100点以上
⑤6100点以上
⑥4100点以上
●子の場合
①16100点以上
②15100点以上
③10100点以上
③8100点以上
④5100点以上
⑤4100点以上

親・子どちらも子に満貫をツモられてもまくられない③以上であれば、トップのままゲーム終了すること可能性が高くなります。
ですので、オ-ラスで③以上になることを目指してゲームメイクできると良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました