マーチャオのレートについて教えます!Aルール・Bルールとは?

雀荘紹介
・マーチャオのレートはどのくらい?
・Aルール、Bルールってなんなの?
・どっちがおすすめのルールなの?

今回はこのような疑問を抱えている方のために、大手チェーン雀荘のマーチャオのレートについて解説したいと思います。

もやし
もやし

本記事はこんな人におすすめ!
・マーチャオのレートが気になる方
・マーチャオのルールを知りたい方

マーチャオのレートについて

マーチャオのレートは以下の2つとなっています。

・Aルール:1.0(1,000点=100pt)
・Bルール:0.5(1,000点=50pt)

三麻・四麻限らず、全国どこのマーチャオでも共通のレートになっています。

もやし
もやし

マーチャオではレートを直接的な表現を避けて「Aルール・Bルール」という風に呼んでいます。

それではAルール、Bルールについてもう少し詳しく説明していきたいと思います。

Aルールについて

Aルールは1,000点100ptの1.0(テンピン)となっています。
25000点持ち30000点返し東南戦アリアリルールです。

ウマは「10-20(ワンツー)」か「10-30(ワンスリー)」の2つあり、これは店舗によって異なります。

もやし
もやし

基本的に関東の場合は「10-30」それ以外の地域では「10-20」であることが多いと思います。

祝儀は1枚500ptです。
一発・赤・裏に祝儀が発生し、赤は各5に1枚ずつで鳴き祝儀となっています。

場代は1半荘500ptです。

もやし
もやし

1半荘で大体5,000pt~7,000pt動くイメージです。
50,000ptほどあれば、余裕をもって楽しむことができます。

なお、ウマについてよく分からない・・・という方はウマオカについて解説!清算時の計算方法も教えますにて詳しく説明していますので、興味のある方は是非ご覧ください。

【麻雀】ウマオカについて解説!清算時の計算方法も教えます
麻雀のウマ・オカについて麻雀初心者でも分かりやすいように説明します。またそれに合わせてセット時で役立つ麻雀の清算時の計算方法も紹介します。ウマ・オカの意味を知りたい方、麻雀の清算方法を知りたい方は是非ご覧ください。

Bルールについて

Bルールは1000点50ptの0.5(テンゴ)となっています。
25000点持ち30000点返し東南戦アリアリルールです。

ウマは「10-20(ワンツー)」となっています。
Aルールとは異なり、Bルールのウマは全国どこの店舗も共通かと思います。

祝儀は1枚100ptです。
一発・赤・裏に祝儀が発生し、赤は各5に1枚ずつで鳴き祝儀となっています。

場代は1半荘400ptです。

もやし
もやし

1半荘で大体2,000pt~3,000pt動くイメージです。
20,000ptほどあれば、余裕をもって楽しむことができます。

結局どっちがおすすめなの?

結局のところ、

「で、どっちのレートいけばいいの?」

となりますよね。
これが皆さんが一番気になるところかと思います。

これは自身の麻雀のレベルによると思いますが、

雀荘初心者の方:Bルール

麻雀の腕に自信がある方や懐に余裕がある方:Aルール

をおすすめします。

Bルールは、祝儀よりも順位重視のオーソドックスな麻雀のルールになるため、雀荘初心者の方でも馴染みやすいルールかなと思います。
また、学生やフリー初心者の人が多いのもこちらのレートですので、「マーチャオで雀荘デビューしよう!」と考えている方は、まずBルールに入って肩慣らしをしましょう。

一方でAルールは、祝儀が1枚5,000点相当のため、かなり祝儀を意識した打ち回しが大切になります。順位も決して無視していい要素ではありませんが、それよりも祝儀を回収した方が勝ちやすいようになっています。

そのため、麻雀の腕に自信があって、祝儀重視の打ち回しが得意な人が適応しやすいルールかと思います。

また、レートがそれなりに高くそれなりにポイントが動くので、懐に余裕のない学生や新卒の方は、できるだけ行くのは控えておいた方が無難かと思います。

もやし
もやし

私は社会人になって懐に余裕が出てきたころにAルールをデビューしました。学生時代は口座に1万円しかないことが多々あったので、Aルールは怖くて打てませんでした(笑)

なお、麻雀の実力があり長期的に絶対に勝ち越せる自信がある場合は絶対にAルールをおすすめします。

なぜなら、場代がAルールの場合は1回500ptですが、Bルールの場合1回400ptで、祝儀の価値や動くポイントを考慮すると、圧倒的にBルールの方が場代負けしやすいからです。

もやし
もやし

極端な話、Aルールであれば祝儀1枚あがれば場代分は回収したことになりますからね。といっても、フリー雀荘で勝ち抜くにはそれなりに実力がないと厳しいです。

ちなみに、客層のレベルはAルール・Bルールでそこまで差は感じません。
どっちにも下手な人はいますし、強い人もいます。
正直ここは店舗ごとに依存するので、実際に行ってみて確かめるのが良さそうです。

まとめ

今回はマーチャオのレートについて解説しました。

本記事がこれからマーチャオに行こうと迷っている方のほんの一助となれば幸いです。
最後にもう一度、マーチャオのレートについて整理します。

・Aルール:1.0(1,000点=100pt)→麻雀に自信のある方、懐に余裕のある方向け
・Bルール:0.5(1,000点=50pt)  →雀荘初心者向け

なお、マーチャオは雀荘デビューにはうってつけの雀荘だと私個人は考えています。
なぜなら、サービスやスタッフの質がどの雀荘よりも抜群に良いからです。
その魅力について、まだ迷っているの?フリー雀荘デビューならマーチャオ一択!で説明していますので、興味のある方は是非ご覧ください!

まだ迷っているの?フリー雀荘に初めて行くならマーチャオ一択!
初めてフリー雀荘に行きたいけど、どこの雀荘にするべきか迷っていませんか?雀荘に5年以上通っている私が、初めてのフリー雀荘におすすめの”マーチャオ”について紹介したいと思います。これから始めてフリー雀荘に行こうと考えている方は是非ご覧ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました