麻雀の捨て牌読みについて【基本的な読みについて説明します】

麻雀基本戦術

麻雀の捨て牌読みってどうすればいいの?

今回は麻雀の基本の捨て牌読みについて、そしてその有用性について分かりやすく説明していこうと思います。麻雀の読みについて知りたい方、麻雀がもっと強くなりたい方のほんの一助となれば幸いです。

捨て牌読みについて

捨て牌読みの基本は、待ちを一点に絞ることではなく、「どこらへんに待ちがありそうか」という待ちの濃淡を探ることです。

例えば、以下の河をご覧ください。

西白ポッチ發二萬八筒九筒
七萬七索九索五筒 ※全て手出しとする

この河を見た時にどこら辺の待ちがありそうと考えることができるでしょうか?
基本的な捨て牌読みのコツはたったの1つだけです。それは、

序盤に切られている牌の外側は通りやすい

です。
麻雀はあがるためにまずテンパイを目指すゲームです。そのため、テンパイするために不要な牌ほど序盤に捨てられ、テンパイに必要な牌ほどギリギリまで手牌に残します。

例えば以下のような手牌で何を切るでしょうか?

南南二萬二萬三萬四筒五筒五筒八筒九筒二索三索七索九索

もやし
もやし

二索三索四索 三索四索 三索五索 三索三索 あたりですかね。

それでは以下のような手牌ではどうでしょうか?

南南二萬四萬伍萬四筒五筒五筒八筒九筒二索三索七索九索

もやし
もやし

ここからであれば、不要な二萬を切ると思います。

このように、手牌に不要な牌ほど序盤に捨てられ、必要な牌はテンパイぎりぎりまで抱えるのが普通です。よって、序盤に切られている牌の外側ほど通りやすくなります。

もう一度先ほどの河をご覧ください。

西白ポッチ發二萬八筒九筒
七萬七索九索五筒 ※全て手出しとする

この河であれば、二萬が序盤に切られているため、一萬が比較的通りやすくなります。
また、七萬七索の外側である八萬九萬八索も比較的通りやすくなっています。

よって、この立直の本線は待ちの外側ではない以下であると考えることができます。

萬子の場合:三萬六萬
筒子の場合:一筒四筒七筒 三筒六筒
索子の場合:一索四索 二索五索 三索六索
もやし
もやし

もちろん本線以外も当たるケースはありますが、それでも待ちの濃淡を知ることで十分に押し引きに活かすことができます。

例外

もちろんこれらの読みにも例外はあります。
よくあるパターンが「リャンメン対子×愚形」のイーシャンテンです。
以下の手牌をご覧ください。

南南二萬二萬三萬七萬八萬九萬三筒四筒五筒六索六索八索

ここからであれば、二萬を切ることが多いかと思います。
そのため、もし相手が先に南六索七索を引いてテンパイした場合、二萬が先に切られているからといって安易に一萬を切ると放銃することになります。

そのため、切られている牌の外側は比較的安心ではありますが、100%安全なわけではなく、特にテンパイ直前に切られた牌ほど上記のようなケースが増えてくるため、使い方には注意が必要です。

【応用】ターツ落としや字牌の手出しは見落とすな!

相手がターツ落としや字牌を手出しで切ってきた場合、それ以前に切られた牌の外側はより通りやすくなります。

南西北發三萬六筒 ※全て手出し

もやし
もやし

この場合、三萬の外側である一萬二萬が通る保証は全くありませんが、

南西三萬七索九索六筒 ※全て手出し

もやし
もやし

であれば、三萬の後に七索九索のターツ落としが入っているため、一萬二萬の通りやすさがまるで違います。

また手出しの字牌も重要な情報です。
字牌より前に切られた数牌の外側も比較的通りやすくなるので覚えておきましょう。

もやし
もやし

何度も言いますが、あくまで通りやすいだけで確実に通るわけではありませんので注意してください。

字牌を抱えて数牌を先切りするケースや6ブロック打法をしているケースも考えられます。

まとめ

今回は基本の捨て牌読みについて説明しました、
もう一度ポイントを整理してみようと思います。

・切られている数牌の外側は比較的通りやすい
・特に序盤に切られている数牌の外側が通りやすい。
・ターツ落としや字牌の手出しの前に切られた数牌の外側はより通りやすくなる。
・しかし100%通るわけではないので注意が必要。

これを知っているだけで、麻雀の押し引きの幅はぐんと広がります。
しかし一番押し引きで大切なのは、読みではなく自分の手と点棒状況です。
まずそこから押し引きを考え、その後のエッセンスとして読みを活用するのが一番バランスの良い押し引きです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました