【麻雀初心者】麻雀のルールとは?覚えることは2つだけ!

麻雀ルール

麻雀を始めたいけど、このような悩みを持っている方はいるのではないでしょうか。

麻雀のルールって複雑でたくさんあるけど、何から覚えればいいの?

このような方のために、休日を全て麻雀に費やしてしまうほど麻雀にやりこんでいる私が、麻雀初心者がまず覚えるべき麻雀のルールについて分かりやすく説明したいと思います。

もやし
もやし

本記事はこんな人におすすめ!

・麻雀のルールを覚えたい方

・麻雀ってどんなゲームなのか興味のある方

麻雀のルールとは?

まず結論から言いますと、麻雀のルールは以下の一言に尽きます。

「4面子(メンツ)1雀頭(ジャントウ)」を作って、あがりを目指すゲーム

「えっ・・・それだけ?」となると思いますが、本当にたったこれだけです。

しかしこれだけでは説明不足かと思うので、”4面子1雀頭について“と”あがり方について“の2つについてもう少し詳しく説明します。

4面子(メンツ)1雀頭(ジャントウ)とは

「4面子(メンツ)1雀頭(ジャントウ)」とは、
面子を4つ雀頭を1つの組み合わせのことを指します。

面子とは麻雀牌3枚で1セットのもの、雀頭とは麻雀牌2枚で1セットのもののことです。
下の図をご覧ください。

發發發二萬三萬四萬四筒五筒六筒二索三索四索九索九索

この図を4面子1雀頭に整理するとこのようになります。
4面子:發發發二萬三萬四萬四筒五筒六筒二索三索四索
1雀頭:九索九索

面子(發發發など3枚で1セットのもの)が4つ、
雀頭(九索九索など2枚で1セットのもの)が1つの、計14枚あることが分かります。

これが「4面子1雀頭」です。
麻雀はこの「4面子1雀頭」を作り、あがることが目標となります。

それでは、面子と雀頭についてもう少し詳しく説明しようと思います。

面子(メンツ)とは

麻雀牌3枚で1セットのもの面子(メンツ)といいます。
麻雀は、この面子を4つ作る必要があります。

この面子には、順子(シュンツ)刻子(コーツ)の2種類があります。

①順子(シュンツ)

二萬三萬四萬のように、同じ種類の数牌(すうはい)を横並びに3つ組み合わせた面子を順子(シュンツ)といいます。

順子には、以下のとおり7パターンの組み合わせがあります。

一萬二萬三萬 二萬三萬四萬 三萬四萬伍萬 四萬伍萬六萬 伍萬六萬七萬 六萬七萬八萬 七萬八萬九萬

しかし、以下のような組み合わせは順子にはなりませんので注意してください。

二萬三筒四索
違う種類の数牌で横並びに3つ組み合わせても順子にはなりません。
八萬九萬一萬
9⇒1の順で組み合わせても順子にはなりません。
白發中 東南西
字牌(ジハイ)は順子にはなりません。
麻雀牌には、「字牌(じはい)」「萬子(マンズ)」「筒子(ピンズ)」「索子(ソーズ)」の4種類があります。
今はそんな種類のものがあるんだ~くらいの認識でOKです。
もっと麻雀牌の種類や読み方について詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください。
麻雀牌の読み方【これから麻雀を始めたい方へ】
麻雀牌の読み方が分からない方はいらっしゃいませんか?今回はこのような悩みを解消すべく、麻雀歴6年以上の私が麻雀牌の読み方について分かりやすく説明しています。これから麻雀を始めたい方はぜひご覧ください!
②刻子(コーツ)

九筒九筒九筒西西西のように、同じ牌を3つ揃えた面子刻子(コーツ)といいます。

3枚で1セットのものを面子(メンツ)といい、
順子(シュンツ):同じ種類の数牌を横並びに3つ組み合わせた面子
刻子(コーツ) :同じ牌を3つ揃えた面子
の2種類ある。
もやし
もやし

ちなみに世間一般で使われている「メンツ」という言葉は、

この麻雀の面子という単語から来ています。

雀頭(ジャントウ)とは

2枚で1セットのもの雀頭(ジャントウ)といいます。

南南九索九索のように同じ牌を2枚そろえる必要があります。

同じ牌2枚で1セットのものを雀頭(ジャントウ)という。

4面子(メンツ)1雀頭(ジャントウ)の例外

4面子1雀頭にも、例外が2つだけあります。
余裕のある方は是非こちらも確認してみてください。

例外1:七対子(チートイツ)

南南二萬二萬六萬六萬四筒四筒九筒九筒八索八索九索九索

「4面子1雀頭」の例外の1つ目。
図のように、対子(トイツ)を7つ作ることであがることができる。

例外2:国士無双(コクシムソウ)

東南西北白發中一萬九萬一筒九筒一索九索九索

「4面子1雀頭」の例外の2つ目。
図のように、字牌(じはい)と萬子(マンズ)・筒子(ピンズ)・索子(ソーズ)の19牌を全種類そろえ、これらの中からどれでもいいので雀頭を一つ作ることであがることが出来る。

もやし
もやし

国士無双は役満の1つです。

名前だけ聞いたことがある人もいるのでないでしょうか。

麻雀のあがり方

4面子1雀頭の計14枚が麻雀のあがりの形です。
基本的に麻雀は手牌13枚で行い、14枚目であがることを目指します。

次の図をご覧ください。

西西二萬三萬四萬三筒四筒五筒七筒八筒九筒七索八索

現在手牌が13枚あることが分かるでしょうか。

そして六索九索のどちらか1枚があれば、六索七索八索または七索八索九索の順子が完成します。

すると、

西西 の雀頭が1つ、
二萬三萬四萬+三筒四筒五筒+七筒八筒九筒+六索七索八索or七索八索九索 の面子が4つ、

が出来上がり、4面子1雀頭のあがり形となります。

このように残り1枚で4面子1雀頭になり、あがることができる状態テンパイといいます。

●基本的に麻雀は13枚で行い、14枚目であがることを目指す。
●残り1枚であがることができる状態をテンパイという。

あがり方には、
ロン(相手からあがること)と②ツモ(自分であがること)の2種類あります。

①ロン

相手が切った牌が自分のあがり牌であった時にあがることができます。
これをロンといいます。

②ツモ

自分がツモってきた(持ってきた)牌があがり牌であった時にあがることができます。
これをツモといいます。

西西二萬三萬四萬三筒四筒五筒七筒八筒九筒七索八索
六索九索のどちらかを相手が捨て牌に切った場合はロン、自分でツモってきた場合にはツモとなり、あがることができる

まとめ

今回は麻雀のルールについて説明しました。
最後にもう一度、麻雀のルールをおさらいしましょう。

「4面子(メンツ)1雀頭(ジャントウ)」を作って、あがりを目指すゲーム

その他細かいルールはやりながら少しずつ覚えていきましょう。

麻雀役についても知りたいという方は、【麻雀初心者】麻雀役一覧表もご覧ください!

【麻雀初心者】麻雀役一覧
これから麻雀役を覚えようと思っている麻雀初心者の方のために、麻雀役一覧をまとめてみました。本記事を読んで、麻雀役の勉強に役立てていただけますと幸いです。麻雀初心者の方、是非ご覧ください!

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました