【麻雀ルール】ポン・チーとは?

麻雀ルール

こんにちは。麻雀を始めてみたけど、麻雀のルールでこのような悩みを抱えている方はいらっしゃるのではないでしょうか?

「ポン」やら「チー」やら謎の呪文があるけど、意味が分からない!

これらは「鳴き」というもので麻雀の基本ルールの1つです。
今回が麻雀の鳴きについて分かりやすく説明したいと思います。

ポン・チーとは?

麻雀の鳴きには「ポン」「チー」「カン」の3種類あります。
麻雀は一定の条件を満たした時に鳴くことができ、
鳴くことによって、相手の切った牌で面子を作ることができます。

では、「ポン」「チー」について詳しく説明していきましょう。
※「カン」は少し難しいので、今回の記事からは割愛させていただきました。カンについて知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

【麻雀ルール】カンとは?
麻雀のカンって何?麻雀のカンについてわからない方のために、カンとは、カンの種類について、カンする場面について分かりやすく説明しています。麻雀初心者の方、麻雀のカンについて詳しく知りたい方おすすめの記事となっています!

①ポン

ポンは、相手が切った牌で刻子九筒九筒九筒のような同じ牌3枚の面子)を作ることです。
ポンは自分以外の3人全員からすることができます。
下の手配をご覧ください

西西中中中三萬三萬四萬四筒四筒五筒七索八索

この場合、西中三萬四筒をポンし、刻子にすることができます。

もやし
もやし

ただし、中は自分で3枚もっており既に面子であるため鳴く必要はありません。

ポンした際には自分の手配から1枚不要な牌を捨てる必要があります。
例えば四筒をポンした際には五筒が不要となるので、五筒を切ることになるでしょう。

ポンした場合、面子にした牌を自分の右側にさらし、捨てることができなくなります。
ポンした時の面子のさらし方は以下の3パターンです。

①上家(左)から鳴いた場合
西西西 鳴いた牌を一番左に置き、横にしてさらす
②対面(目の前)から鳴いた場合
西西西 鳴いた牌を真ん中に置き、横にしてさらす
③下家(右)から鳴いた場合
西西西 鳴いた牌を右に置き、横にしてさらす

②チー

チーは、上家(左)が切った牌で、順子一萬二萬三萬のような横並び3枚の面子)を作ることです。
チーは上家からしかできません。
下の手配をご覧ください。

中中中二萬三萬七萬八萬九萬四筒五筒三索三索四索

この場合、一萬四萬七萬八萬九萬三筒六筒二索五索をチーすることが出来ます。

もやし
もやし

ただし七萬八萬九萬の部分は既に面子であるため、鳴く必要はないでしょう。

チーした際には、自分の手配から1枚不要な牌を捨てる必要があります。
例えば、三筒をチーした場合は四索を切ればテンパイなので、四索を切ることになるでしょう。

チーした場合、面子にした牌は自分の右側にさらし、捨てることができなくなります。
チーした時のさらし方は、上家からしか鳴けないため、鳴いた牌を一番左に置き、横にします。
三筒四筒五筒

まとめ

ポン・チーについてご理解いただけたでしょうか?
ポン・チーについてまとめると以下のとおりです。

ポン
・相手の切った牌で刻子を作ることができる
・どこからでも鳴ける
チー
・相手の切った牌で順子を作ることができる。
・上家(左)からしか鳴けない

これで今日からあなたも鳴きを駆使して麻雀をすることができます!
麻雀がより楽しくなるはずです。

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました