【麻雀】待ちの種類について【まず覚えるべき基本形5種類】

麻雀ルール

こんにちは。麻雀初心者の方でこのような悩みを抱えている方はいらっしゃらないでしょうか。

何待ちか分からない時がある・・・

麻雀にはどんな待ちの種類があるの?

このような方のために、今回は麻雀の待ちについて分かりやすく紹介したいと思います。

待ちの種類について

麻雀の待ちには、大きく分けて5種類の基本形があります。
初心者の方はまずこの5種類を覚えるようにしましょう。

待ちの基本形5種類
①両面(リャンメン)
②嵌張(カンチャン)
③辺張(ペンチャン)
④シャンポン
⑤単騎(タンキ)

それぞれについて詳しく説明したいと思います。

両面(リャンメン)

中中中二萬三萬四筒五筒六筒九筒九筒六索七索八索

両面(リャンメン)待ちは、あがった時に順子となる両端の2種類の待ちです。
今回の牌姿だと待ちは一萬四萬で、あがれば一萬二萬三萬二萬三萬四萬の順子ができます。

もやし
もやし

両面は待ち枚数が8枚と一番待ちの枚数が多く、待ちの中でも一番強い形です。

嵌張(カンチャン)

發發發一萬二萬三萬九萬九萬七筒九筒四索五索六索

嵌張(カンチャン)待ちは、あがった時に順子となる間の1種類の待ちです。
今回の牌姿だと待ちは八筒で、あがれば七筒八筒九筒の順子ができます。

辺張(ペンチャン)

發發發一萬二萬三萬八萬八萬三筒四筒五筒一索二索

辺張(ペンチャン)待ちは、あがった時に順子となる端っこの1種類の待ちです。
今回の牌姿だと待ちは三索で、あがれば一索二索三索の順子ができます。

シャンポン

發發發一萬二萬三萬九萬九萬三筒四筒五筒六索六索

シャンポン待ちは、あがった時に刻子となる2種類の待ちです。
今回の牌姿だと待ちは九萬六索で、あがった時に九萬九萬九萬六索六索六索の刻子ができます。
(刻子とならなかった片方は雀頭となります。)

もやし
もやし

嵌張・辺張・シャンポンの待ち枚数は4枚と両面待ちの半分です。

単騎(タンキ)

西發發發二萬三萬四萬四筒五筒六筒四索五索六索
西發發二萬二萬六萬六萬四筒四筒七索七索九索九索

単騎(タンキ)待ちは、あがった時に雀頭(対子)となる1種類の待ちです。
七対子も必ずこの単騎(タンキ)待ちになります。
今回の牌姿だと待ちは西となり、あがった時に西西の雀頭(対子)ができます。

レオン
レオン

単騎(タンキ)待ちは待ち枚数が3枚と、待ちの中では一番待ち枚数が少ないです。
代わりに好きな牌を待ちに選択できるため、トリッキーな待ちにすることが可能です。

応用編

次からは応用編となります。
麻雀の待ちは基本形同士が組み合わさることで複雑な待ちとなります。
その中でも頻出する形に絞って6つ紹介したいと思います。
余裕のある方は是非チャレンジしてみましょう!

ノベタン

發發發二萬三萬四萬四筒五筒六筒七筒一索二索三索

単騎待ちの応用系で、順子に隣の数牌がくっついている形です。
今回の牌姿だと「四筒五筒六筒七筒」または「四筒五筒六筒七筒」と見ることができ、待ちは四筒七筒となります。

もやし
もやし

一見両面待ちにも見えますが、単騎待ちに分類されるため、ノベタン待ちでは平和はつきません。

純正三面待ち(両面+両面)

發發發二萬三萬四萬伍萬六萬四筒五筒六筒七索七索

両面+両面待ちの形です。
今回の牌姿だと「二萬三萬の両面+四萬伍萬六萬」または「二萬三萬四萬伍萬六萬の両面」 と見ることができ、待ちは一萬四萬七萬と3種類あります。

変則三面待ち(両面+単騎)

發發發一萬二萬三萬四筒五筒五筒五筒七索八索九索

両面+単騎待ちの形です。
今回の牌姿だと「四筒五筒の両面」または「四筒の単騎」と見ることができ、待ちは三筒四筒六筒と3種類あります。

変則三面待ち(両面+ノベタン)

發發發二萬三萬四萬二索三索四索五索五索六索七索

両面+ノベタン待ちの形です。
今回の牌姿だと「六索七索の両面」または「二索三索四索五索のノベタン」と見ることができ、待ちは二索五索八索と3種類あります。

変則二面待ち(嵌張+単騎)

發發發三萬四萬伍萬七筒九筒九筒九筒四索五索六索

嵌張+単騎待ちの形です。
今回の牌姿だと、「七筒九筒の嵌張」と「七筒の単騎」と見ることができ、待ちは七筒八筒と2種類あります。

変則二面待ち(辺張+単騎)

發發發三萬四萬伍萬五筒六筒七筒八索九索九索九索

辺張+単騎の形です。
今回の牌姿だと、「八索九索の辺張」と「八索の単騎」と見ることができ、待ちは七索八索と2種類あります。

もやし
もやし

このように基本形を組み合わせることで、待ちの形が複雑になります。

まとめ

今回は麻雀の待ちの種類について紹介しました。
初心者の方はまず待ちの基本形5種類をしっかりと覚えるようにしましょう。

待ちの基本形5種類
①両面(リャンメン)
②嵌張(カンチャン)
③辺張(ペンチャン)
④シャンポン
⑤単騎(タンキ)

今後麻雀に慣れて点数計算を覚える際も、待ちの基本形5種類が重要となりますので是非覚えてください。

ではまた。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました