【麻雀ルール】カンとは?

麻雀ルール

こんにちは。麻雀をやっていると「カン」って言葉を時々聞きませんか?

「カンって言葉はよく聞くんだけど、どんな時にやってよくて、

どんな効果があるのかわからない…」

このような方のために、今回は「カン」について分かりやすく説明したいと思います。

カンとは?

カンとは麻雀の鳴きの1種で、同じ牌が4枚そろったときにできる鳴きです。
麻雀では、同じ牌が4枚そろったもののことを「槓子(カンツ)」と呼んでいます。

カンをすることで、カンドラをめくることができ、場にドラが1つ増えます。
カンした後は、嶺上牌(リンシャンパイ)から1枚ツモり、手配から不要な牌を1枚切ります。
なお、嶺上牌からツモってきた牌があがり牌であった場合は「嶺上開花(リンシャンカイホウ)」という1ハン役になります。

もやし
もやし

カンドラがめくれた後に誰かが立直してあがった場合、あがった人はカンドラの裏もめくることができます。

カンには「暗カン(アンカン)」「明カン(ミンカン)」の2種類あります。
それぞれについて詳しく説明したいと思います。

暗カン(アンカン)

暗カンとは、自分のツモのみで槓子を作った場合にすることが出来ます。
下の牌姿をご覧ください。

二萬三萬四萬三筒三筒四筒三索四索五索西發發發 發

發發發と3枚持っているところに、さらに發をツモってきました。
このような時に暗カンを使用することができます。

暗カンをした場合、槓子にした4枚を下のように、
自分から見て卓の右側に両端の牌を裏返してさらします。
裏發發裏

なお、暗カンをしても立直をすることが可能です。
また、立直後に暗カンできる牌をツモって来た場合も暗カンすることができます。

もやし
もやし

相手の切った牌から鳴いたわけではないので面前扱いとなります。

明カン(ミンカン)

明カンとは、相手の切った牌を鳴いて槓子を作ることです。
明カンをしてしまった場合、暗カンと異なり、立直することができなくなります
明カンの方法には「大明槓(ダイミンカン)」「加槓(カカン)」の2種類あります。

①大明槓(ダイミンカン)

大明槓(ダイミンカン)とは、手配に刻子があり、相手がその牌を切った時に、その牌を鳴いて槓子を作る方法です。
下の牌姿をご覧ください。
二萬三萬四萬三筒三筒四筒三索四索五索西發發發

この手配であれば、發を他家が切った時に大明槓をすることができます。

②加槓(カカン)

加槓(カカン)とは、既にポンして作った面子(これを明刻(ミンコ)といいます。)があり、それと同じ牌を既に持っているか、またはツモってきた時に、その牌を明刻に付け加えて槓子にする方法です。
下の牌姿をご覧ください。

二萬三萬四萬四筒五筒六筒一索一索四索五索 中 ポン中中中

既に中をポンしており、そこからさらに中をツモってきたので加槓をすることができます。

明カンのさらし方

明カンした場合、自分から見て卓の右側に、槓子にした4枚を下のようにさらします。

上家(左)から鳴いた場合
發發發發
鳴いた牌を一番左に横にして置きます。

対面(正面)から鳴いた場合
發發發發 または  發發發發
鳴いた牌を真ん中の2枚のどちらかに横にして置きます。

下家(右)から鳴いた場合
發發發發
鳴いた牌を一番右を横にして置きます。

カンって実際どんな時に使えばいいの?

ここまでカンについて説明してきましたが、実際どのような場面で使えばよいか簡単に説明します。※初心者の方は読み飛ばしていただいて結構です。
まずカンのメリットは以下のとおりとなります。

・ドラが増えるため、打点が上がる。
・符ハネするため、打点が高くなる。(特に19字牌のカン)
・嶺上牌をツモることができるので、ツモできる回数が増える。
・嶺上ツモであがった時に1ハン追加できる。

デメリットについては以下のとおりです。

・他家の打点があがる
・大明槓をした場合は立直が出来なくなる

これらのメリットデメリットを踏まえた上で、カンを実際に使う場面としては以下の例が挙げられます。

・東1局のように残り局数が多く、リスクを負える時
・持ち点が少なく、打点がほしい時
・手配がある程度整っている時
・自分が既に鳴いてテンパイしている時の明カン
・立直後の暗カン
などなど…

逆にカンしない方がいい場面としては以下の例が挙げられます。

・南3局の時のように残り局数が少なく、リスクを取りづらい時
・持ち点に余裕がある時
・手配がバラバラな時
・立直が狙えそうな手からの大明槓
などなど…

カンの一番のメリットは「打点が上がること」なのですが、
同時に「他家の打点が上がること」が一番のデメリットでもあります。
自分の手配や残り局数、点棒状況に応じて上手に使い分けましょう。

まとめ

今回はカンについてご理解いただけたでしょうか。
もう一度カンについてまとめると以下のとおりとなります。

カンとは麻雀の鳴きの1種で、同じ牌が4枚そろったときにできる鳴きである
・カンをすることでカンドラをめくることができ、場のドラが1つ増える
・カンには「暗カン」「明カン」の2種類がある
もやし
もやし

初心者の方はカンを覚える優先度は低いので、他のルールがある程度わかった段階で覚えましょう。

ポン・チーについてよくわからない方はこちらの記事をご参照ください。

【麻雀ルール】ポン・チーとは?
麻雀ルールのポン・チーといった鳴きが分からない方はいらっしゃいませんか?このような方のために、今回「ポン」と「チー」について初心者でも分かるように説明します。麻雀を始めたい方、麻雀の実戦に入りたい方は要確認です!

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました