【麻雀ルール】ドラって何?【これを見ればすぐに分かる!】

麻雀ルール

こんにちは。麻雀を始めてから少し経つと「ドラ」という単語を聞きませんか?

名前だけ分かるけど、具体的にどんなものか分からない…

今回はこのような方のために、ドラについて分かりやすく説明したいと思います。
なお、ドラは役を勉強してから覚えた方が効率がいいので、役をまだ覚えていない方はこちらの記事を参考にしてみてください。

麻雀初心者が覚えるべきおすすめ麻雀役12個
麻雀を始めてみたけど、役が多すぎて覚えるのが大変・・このような悩みを抱えている麻雀初心者のために、まず覚えるべき12個の麻雀役を紹介します。「作りやすさ」と「打点の高さ」で厳選した12個ですので、これさえ覚えればすぐに実戦に入ることができます。麻雀初心者の方必見です!

ドラって何?

ドラとは、手牌に入っているだけで1ハンアップする特殊な牌のことです。
ゲーム開始時に嶺上牌から数えて3番目の牌をめくり、表示された牌の次の牌がドラとなります。

裏裏伍萬裏裏

この場合伍萬の次の牌である六萬がドラになります。

なお立直してあがった時は、ドラ表示牌の下の牌をめくることができます。
この下の牌の次の牌が裏ドラとなり、手配に入っている裏ドラの枚数分だけさらに打点があがります。
もう少し詳しくドラについて説明します。

ドラ表示牌の読み方

ドラ表示牌の次の牌がドラになります。

次の牌って具体的に何?

ドラ表示牌の次の牌とは具体的に以下のとおりとなります。

①数牌

一萬二萬三萬四萬伍萬六萬七萬八萬九萬一萬
ドラ表示牌は一萬の場合は二萬がドラ、二萬がドラ表示牌の場合は三萬がドラ…といった具合です。
ドラ表示牌が九萬の場合は一萬がドラとなります。

②風牌

東(トン)⇒南(ナン)⇒西(シャー)⇒北(ペイ)⇒東(トン)

③三元牌

白(ハク)⇒發(ハツ)⇒中(チュン)⇒白(ハク)

もやし
もやし

字牌は「トン・ナン・シャー・ペイ・ハク・ハツ・チュン」
と呪文のように唱えて順番を覚えましょう。

ドラの効果

ドラは手牌に1枚あるごとに1ハン打点が高くなります。
ただし役にはなりませんのでご注意ください。
また立直をしてあがった場合は、裏ドラ1枚が手配にあることにつき、さらに1ハン打点が高くなります。
下の牌姿をご覧ください。

裏裏四萬裏裏
一萬二萬三萬四萬伍萬六萬三筒四筒五筒九筒九筒七索八索 ロン九索
ドラは伍萬です。
この手は通常であれば平和のみで1ハンですが、ドラの伍萬が1枚あるので+1ハンされ、計2ハンになります。

裏裏四萬裏裏
二萬三萬四萬伍萬伍萬四筒五筒六筒七索八索 ロン九索 ポン發發發

ドラは伍萬發の1ハンに加え、ドラの伍萬が2枚あるため+2ハンされ、計3ハンとなります。

裏裏四萬裏裏 裏ドラ表示牌 九萬
一萬二萬三萬四萬伍萬六萬三筒四筒五筒九筒九筒七索八索 ロン九索

今回は立直をしており、九索でロンあがりしました。
裏ドラをめくると、ドラ表示牌は九萬だったのでドラは一萬になります。
ドラは伍萬で、裏ドラが一萬なので、立直・平和に加え、ドラ伍萬・裏ドラ一萬+2ハンされ、計4ハンとなります。

もやし
もやし

立直が最強の役であるのは、裏ドラ分さらに打点が高くなる可能性があるからです。
さらにツモや一発といった役とも複合するので文句なしです。

ドラは手配に1枚あるごとに1ハンアップする
ドラは役にならないため、あがるためにはドラ以外に何かしらの役が必要
立直して上がった場合は裏ドラ1枚につき、さらに1ハンアップする

赤ドラについて

最近の麻雀は「赤入り麻雀」が流行っています。
赤入り麻雀とは萬子・筒子・索子に一枚ずつ赤伍萬赤五筒赤五索が入っている麻雀です。
この赤い牌を赤ドラと呼び、ドラとして扱われます。
基本的には赤ドラもドラと同様役にはなりません。

もやし
もやし

フリー雀荘やセット麻雀、ネット麻雀のほぼすべてがこの赤あり麻雀なので、ついでに覚えておくと良いでしょう。

まとめ

今回がドラについて説明しました。
もう一度ドラについてまとめてみます。

・ドラ表示牌の次の牌がドラになる
・ドラは手配に1枚あるごとに1ハンアップする
・ドラは役にならないため、あがるためにはドラ以外に何かしらの役が必要
・立直してあがった場合は裏ドラ1枚が手配にあるごとに、さらに1ハンアップする

ドラは手配にあるだけで1ハンアップするので、これから麻雀をするときはドラを大切にしながらやってみましょう!
さらに裏ドラの存在もあるので、テンパイをしたら裏ドラの可能性をみるために立直を積極的にしましょう。

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました