【麻雀】平和(ピンフ)とは?成立条件について完全解説!

麻雀初心者へ
・麻雀の平和(ピンフ)ってどんな役?
・どんな時に成立するの?

本記事では、麻雀の平和(ピンフ)がどんな役なのかについてお伝えします。

平和は「基本役」と言われるくらい頻出する麻雀役。

しかし、その成立条件は麻雀初心者にはやや複雑です。

そこで、麻雀初心者のあなたでも分かりやすいように、出来るだけシンプルに平和について解説します。

もやし
もやし

本記事を読めば、今日もあなたも平和マスターです!

【麻雀】平和(ピンフ)とは?成立条件について完全解説!

平和の成立条件は、面前時以下の3つを全て満たすこと

①面子が全て順子(シュンツ)
②雀頭が役牌以外
③待ちがリャンメン
順子(シュンツ):123や567のような横並びの面子
もやし
もやし

これだけだとイメージしづらいかと思うので、具体例を用いながら説明します!

成立する例

それでは成立する例を具体的に3つ紹介します。

成立する例①

萬子の二萬三萬四萬七萬八萬九萬、筒子の三筒四筒五筒は順子となっています。

待ちも六索九索のリャンメンで、雀頭も西と役牌ではありません。

このように、面子は全て順子・雀頭は役牌以外・待ちはリャンメンである時は、平和が成立します。

成立する例②

二索三索四索五索六索のような3面待ちでも、一索四索四索七索のリャンメンどちらでも取れるので、平和が成立

成立する例③

七索八索九索九索のような亜リャンメン(リャンメンに雀頭がくっついている形)でも、六索九索のリャンメンに取れるので、平和が成立

成立しない例

逆に、以下のようなケースの場合は平和は成立しません。

(1)刻子(コーツ)がある
(2)雀頭が役牌である
(3)待ちがリャンメン以外
もやし
もやし

具体例を用いながら、平和が成立しないケースを見ていきましょう!

(1)刻子(コーツ)がある

刻子(コーツ):111や北北北のような同じ牌が3つ揃った面子

筒子の四筒四筒四筒刻子であり、順子でないため、平和は不成立。

(2)雀頭が役牌である

雀頭が發役牌のため、平和は不成立

また、多くある間違いが、オタ風と自風・場風の間違いです。

たとえばこんな形。

南自風になるため役牌扱いとなり、平和は不成立

(3)待ちがリャンメン以外

待ちがリャンメンではないため、平和は不成立

初心者が間違えがちな平和の注意点

平和の成立条件について、ここまでは大丈夫でしょうか。

平和を作る上で、初心者の方が間違えがちな点を整理しました。

・面前であること
・ノベタンについて
・多面待ちについて
もやし
もやし

よくある勘違いなので、あなたも注意しましょう!

面前であること

平和は面前でないと成立しません。

そのため、鳴いてしまうと平和は不成立となります。

もやし
もやし

平和を狙っているのに、うっかり鳴いてしまわないようにしましょう。

ノベタンはリャンメンではない

六索七索八索九索のように、ノベタンは待ちが2種類ありますが、これは単騎待ちの派生形です。

そのため、ノベタンはリャンメンにはとれず、平和は不成立です。

多面待ちには注意!

多面待ちの場合、和了時の牌によっては平和が成立しないケースがあるので注意が必要。

「暗刻+単騎」の多面待ち

四索四索四索五索のような3面待ちの場合、三索六索で和了すればリャンメンに取れるので平和が成立します。

一方で、五索で和了した場合は単騎待ちになってしますので、平和は不成立です。

「ノベタン+亜リャンメン」の多面待ち

また、以下のような「ノベタン+亜リャンメン」の多面待ちも注意が必要です。

これは三索四索五索六索のノベタンと六索六索七索八索の亜リャンメンの複合系です。

この場合、三索で和了するとノベタン扱いになるので、平和が成立しません。

しかし、六索九索で和了すればリャンメン扱いになるので、平和が成立します。

このように、多面待ちの場合は、和了牌によって平和が成立しないケースがあるので、注意しましょう。

平和と相性の良い役5選

平和は頻出頻度が21.5%4番目に出現率が高い役です。

そのため、様々な役と複合しやすく、打点が高くなることがあります。

ここでは平和と相性の良い役を5つ紹介します。

もやし
もやし

どのような役と相性がいいか知ることで、より高打点の手を狙うことができますよ!

立直(リーチ)

1000点を供託にし、和了するまでツモ切りとなる代わりに、1ハンアップする役。

最も麻雀の中で出現しやすい役で、その出現率は41.6%

もやし
もやし

平和でテンパイした場合、点数がアップするので立直した方が良いです。

タンヤオ

2~8の数牌だけで手牌を構成すると成立する役

麻雀役の中で第3位の出現率を誇り、その出現率は22.4%。

先ほどの立直と複合した「立直・タンヤオ・平和」の通称”メンタンピン”はかなり強力な手です。

もやし
もやし

立直・タンヤオはどちらも出現率が高いので、

積極的に平和との複合を狙っていきましょう!

三色同順(サンショクドウジュン)

二萬三萬四萬二筒三筒四筒二索三索四索のように、萬子・筒子・索子でそれぞれ同じ順子を作ると成立する役

順子を作ることで成立する平和と相性がいいです。

もやし
もやし

2ハン役と打点が高いので、平和と複合した時は強力!

一盃口(イーペーコー)

二萬二萬三萬三萬四萬四萬のように、同じ順子を2つ作ることで成立する役。

こちらも順子を作ることで成立する平和と相性がいいです。

一気通貫(イッキツウカン)

一萬二萬三萬四萬伍萬六萬七萬八萬九萬のように、同種牌で123・456・789の3つの順子を作ることで成立する役

こちらも順子を作ることで成立する役なので、平和と相性がいいです。

もやし
もやし

打点が2ハン役と高いため、こちらも平和と複合した時は強力ですよ。

以上、平和と相性の良い麻雀役5つでした。

今回紹介した5つの麻雀役について知らない方や、もっと他の麻雀役についても知りたい方は、こちらの記事も併せて読むといいですよ。

【麻雀初心者】麻雀役一覧
これから麻雀役を覚えようと思っている麻雀初心者の方のために、麻雀役一覧をまとめてみました。本記事を読んで、麻雀役の勉強に役立てていただけますと幸いです。麻雀初心者の方、是非ご覧ください!

まとめ

今回は平和の成立条件や相性の良い役について解説しました。

平和の成立条件は、以下の3つ面前であることも忘れないようにしましょう。

①面子が全て順子(シュンツ)
②雀頭が役牌以外
③待ちがリャンメン

平和は頻出役ではありますが、やや複雑で覚えづらいかと思います。

ただ、平和を覚えれば、手牌作りの幅が広がり、麻雀がより面白くなりますよ。

自分のペースで構いませんので、本記事を参考に平和(ピンフ)を覚えていただけますと幸いです。

もやし
もやし

あなたも一緒に平和マスターになりましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました