【雀荘】【新宿歌舞伎町】麻雀 JEWEL

新宿

今回は歌舞伎町にある麻雀JEWELに行ってきました。
麻雀JEWELのルールや雰囲気について紹介したいと思います。
これから麻雀JEWELに行こうと考えている方の参考になれば幸いです。
ルールを手っ取り早く知りたい人は、序盤のお店の説明を飛ばしてルール説明の所からお読みください。

もやし
もやし

本記事はこんな人におすすめ!
・新宿で東風戦の雀荘を探している方
・刺激的な麻雀を打ちたい方
・自分の麻雀の腕試しをしたい方

麻雀JEWELレビュー
設備 3.0
接客 4.0
客層 4.0
サービス 4.0
おすすめ度 3.5

麻雀 JEWELとは

JEWEL2021年4月より歌舞伎町のさくら通りにオープンしたピン東雀荘です。
歌舞伎町のピン東の中でも一番レートが高いとされています。

桜通りをまっすぐ歩けば着くのですが、看板がないため非常に分かりづらくなっています。
M1ビルの3階にあり、叙々苑が道路を挟んで隣にあります。

M1ビルの水色の看板が見えるので、そこを目印に行くと良いでしょう。
3階まで階段で上ると麻雀JEWELの扉が見えます。
やっているか不安でしたが、麻雀卓のガラガラ音もするので営業しているようです。

ルール

・1G 500pt、トップ賞 600pt
・1.0のチップ1枚10000点相当
・条件付き東南戦のアリアリルール、25500点未満で南入(南入後は25500点を超えた時点でゲーム終了)
・ウマ15-55相当
・箱下無し
・一発、裏ドラ、トビでチップ1枚
白ぽっち、赤牌、銀牌、青牌、緑牌の計5枚の特殊牌あり(後程説明します)
・役満:ツモ4枚オール、ロン8枚
・テンパイ連荘
親番放棄可能※積み棒は消去される
オープン立直可能(2000点供託)
途中流局あり、親流れで1本場増える
・55000点以上でコールド
・オーラスあがり止め、テンパイ止めあり(トップ以外でも可能)
・大明槓の責任払いあり

特殊牌について

JEWELでは下の写真のとおり計5枚の特殊牌が採用されています。
右から順に説明していきます。

銀5p:チップなしだがドラ2扱い
赤5p:チップ1枚(祝儀10000点相当)
青5s:チップ2枚(祝儀20000点相当)
緑5m:チップ3枚(祝儀30000点相当)
白ぽっち:チップ1枚(祝儀10000点相当)
もやし
もやし

JEWELでは宝石をイメージし、銀5pはシルバー5p、赤5pはルビー5p、青5sはアクアマリン5s、緑5mはエメラルド5m、白ぽっちはトパーズぽっちと呼んでいます。

白ぽっちは永久ぽっちで立直後ツモればあがりとなり、チップ1枚発生します。
また、白として使うことでもチップ1枚発生します。

<例1>白ぽっちを面子で使う:チップ1枚
二萬三萬四萬六萬七萬八萬三筒四筒九索九索 ロン五筒 ポン白白白ポッチ

<例2>白ぽっちを雀頭で使う:チップ1枚
白白ポッチ二萬三萬四萬六萬七萬八萬三筒四筒 ロン五筒 ポン發發發

<例3>白待ちで立直し、白ぽっちであがる:チップ1枚この場合は2枚にはならない
白白二萬三萬四萬六萬七萬八萬三筒四筒五筒九索九索 ツモ白ポッチ

もやし
もやし

このため、白は他の役牌より残すことが多くなります。

特殊役について

ジュエルでは特殊牌を複数枚使うことで採用される特殊役があります。

①ジュエル(1ハン):特殊牌5種類のうち、3枚以上使用してのあがり

白白ポッチ三萬四萬赤伍萬一筒二筒四筒赤五筒六筒 ロン三筒 チー八萬七萬九萬

この場合、役は「ジュエル・ドラ・ドラ」の3ハンのチップ4枚となります。
一見役がなさそうに見えますが、特殊牌を3枚使用しているためジュエルが採用されます。
なお、白ぽっちを立直後のオールマイティ牌としてツモった場合は特殊牌の枚数にカウントできません

三萬四萬四筒赤五筒六筒一索二索三索四索赤五索六索九索九索 ツモ白ポッチ

例えばこの場合、白はオールマイティ牌として使用しているため、白は特殊牌に加算せず特殊牌は2枚だけとして計算します。
そのため、「立直・ツモ・平和・ドラ・ドラ」の満貫のチップ4枚のあがりとなります。

②フルジュエル(役満):特殊牌5種類全て使用してのあがり

白白白ポッチ三萬四萬赤伍萬赤五筒赤五筒七筒八筒四索赤五索六索 ロン九筒

フルジュエルは役満祝儀に加えて、特殊牌分の祝儀も加算されます。
つまり、ロン15枚~ツモ11枚~からとなります。
なお、フルジュエルもジュエル同様、白ぽっちを立直後のオールマイティ牌としてツモった場合は特殊牌の枚数にカウントできません。

もやし
もやし

めちゃくちゃな役満ですね・・・
ちなみに2021年5月4日時点ではまだフルジュエルは出たことがないそうです。

親番放棄可能について

JEWELでは親番を1局以上消化すれば親番放棄を選択することが可能です。
親番放棄をした場合は、積み棒が全て消去されます。
ラス前トップ目の親番等、局消化したい場合には積極的に使用することになりそうです。

もやし
もやし

最近では同じく歌舞伎町にあるクライムという雀荘も親番放棄を採用しています。

オープン立直について

2000点の供託を出すことでオープン立直をいつでもすることができます。
ラス目の時等、点棒がない時はする頻度が増えそうです。
追っかけ立直でもオープン立直できます。

途中流局について

九種九牌、四風連打、三家和、四開槓、4人立直は流局となり、親流れで一本場が増えます。
あがりトップの状況で途中流局すればトップのままゲーム終了することができます。

設備について

自動卓は全5卓ほど設置されており、ピン東風らしくあまり店内は広くありません。
店内もそこまで煙臭くなく、設備としては最低限整っている印象です。

接客

ルールが先ほど説明したとおり少し特殊ですので、新規の私に対してもしっかりとルール説明をしてくれました。
私の友人がこのお店の店長と知り合いである旨メンバーに伝えると、店長が私の待ち時間の間に声をかけてくれました。
このルールの基本戦法や店長のこれまでの経緯等様々なことを教えてくれました。

もやし
もやし

ピン東とは思えない物腰柔らかい店長さんでした。

客層

無駄な会話は基本的に一切なく、黙々と麻雀をしている印象です。

全員が真剣に麻雀を打ちに来ているので、非常に引き締まった良い雰囲気でした。
このような雀荘に来ている時点で、麻雀に実力があるor懐に余裕があるのどちらかですので、勝つのは至難の業です。
自分も本気で集中して麻雀ができるので、腕試しには持って来いといった環境です。

ただ、オープン立直やでかいあがりが出るとちょっとした会話や笑いも発生するので、個人的には非常に居心地が良かったです。

サービス

ドリンクやフードが食べ放題なので、サービス面は非常に充実しています。
新規で行くと、次回以降から使える合計10000pt分のキャッシュバックカードももらうことができます。

もやし
もやし

また、毎日5勝戦が開催されているため、その時間を狙っていくのが良さそうです。
平日は「11:00~」「19:00~」の2部開催です。
土日はさらに「15:00~」「23:00~」が加わり、4部開催となっております。

まとめ

祝儀の価値が異常に高い歌舞伎町ルールです。
特に緑5mは祝儀30000点相当のスーパー特殊牌で、萬子の孤立牌の価値が他色よりあがります。
またウマも15-55相当のため、連帯重視となります。
親番放棄も可能のため、点棒で優位に立ったら基本的に親番放棄するのがベターです。

もやし
もやし

ちなみに結果は惨敗でした(泣)
途中から頭がふわふわしてきて、鳴き判断や押し引き判断がおかしくなってきたように思います。
麻雀で一番大事なのはどんな時もぶれないメンタルかもしれませんね。

しかしトップ賞が異常に高いので、そこだけが個人的にはネックかなと感じました。
麻雀の腕に自信がある方は、是非JEWELの刺激的なルールを楽しんできてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました