【麻雀 個室】池袋の宿とは?宿泊部屋に全自動麻雀卓が完備!

池袋
・池袋の宿ってどんな場所?
・都内で麻雀ができる宿泊施設はない?
・都内で麻雀出来るおすすめの個室はない?

あなたは都内で麻雀ができる個室や宿泊施設を探していませんか?

そんなあなたにおすすめするのが、池袋にある宿泊施設「池袋の宿

本記事では「池袋の宿」について、実際に行ってきた感想を踏まえて紹介します!

【麻雀 個室】池袋の宿とは?宿泊部屋に全自動麻雀卓が完備!

最寄り駅 池袋駅(徒歩5分)
料金 1泊20,000円
宿泊人数 最大10名まで
全自動麻雀卓の機種 Amos JP-EX

池袋の宿は、池袋駅北口から徒歩5分ほどのところにあります。

↓予約はこちらから↓

場所は少し分かりづらいですが、「第五ミラノハイツ」と書かれた建物を探しましょう。

中はこんな感じ。2階建ての家をまるまる貸切ることができます。

玄関に入ってすぐ右に居間があり、そこには全自動麻雀卓と大型TVが設置してあります。

キッチン、トイレ、浴室、洗濯機、寝室等もあり、宿泊するには不自由はありません。

Wi-Fiももちろん完備。

もやし
もやし

近くにファミリーマートがあるので、買い出しにも困りませんよ。

アメニティは以下のとおり。

・バスタオル 10枚
・フェイスタオル 10枚
・シャンプー
・コンディショナー
・ボディーソープ
・洗濯洗剤
・ヘアドライヤー
・体重計
・アイロン
もやし
もやし

歯ブラシや寝巻きはないので持ってきた方が良いですよ!

麻雀の設備

全自動麻雀卓の機種は「Amos JP-EX

最新機種ではないため、動きはぬるぬるしていてやや遅いですが、問題なく麻雀をすることができます。

もやし
もやし

学生麻雀大会の優勝賞品として提供されることが多いみたいですね。

もちろん赤牌やチップも完備されています。

しかし、卓の設定は宿泊者で行う必要があります。

もやし
もやし

棚の上に説明書が備え付けられているので、必ず確認するようにしましょう。

料金

料金は1泊30,000円です。

4人で泊まれば1人7,500円、5人で泊まれば1人6,000円です。

もやし
もやし

池袋という都心かつこれだけの設備が整っているのに、この値段はかなり安いと思います。

私が宿泊した時の料金は30,000円でしたが、現在は清掃料込みで40,000円かかるようです。

宿泊する方法

宿泊したい方は、以下の楽天トラベルからすることができますよ。

予約が完了したら、宿泊日までに以下の宿泊者名簿をメールで提出する必要があります。

予約が完了するとメールが届きます。そこに宿泊者名簿のリンクもありますので、宿泊日までに入力しておきましょう。

なお、当日は宿に到着次第、宿泊者の個人写真を撮影し、その写真も宿泊者名簿にアップロードしないといけません。

もやし
もやし

この宿泊者名簿の入力がややめんどくさいです(笑)

まとめ

今回は池袋の宿について紹介しました。

池袋という好立地に、低価格で1日中家を貸切って麻雀をすることができる素晴らしい宿泊施設です。

↓予約はこちらから↓

中も非常に広いため、麻雀以外の用途でも十分に利用することができそうです。

小規模のサークル合宿や友達同士でのちょっとした旅行に最適かと思います。

もやし
もやし

皆さんも都内で麻雀の出来る宿泊施設や個室を探している場合は、是非池袋の宿を予約して使ってみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました