【麻雀】ゲームの流れ【麻雀を始めるために!】

麻雀初心者へ

麻雀って実際どんな流れでゲームをするの?

今回は麻雀初心者の方にも分かりやすいように、麻雀のゲームの流れについて説明します。
手積卓で麻雀をしたいけど、ゲームの流れが分からない方は是非ご覧ください。

ゲームの流れ

麻雀のゲームの流れは以下のとおりです。

①座る場所を決める
②洗牌(シーパイ)をする
③牌山を積む
④親を決める
⑤ツモ山を決める
⑥牌山から牌を取る
⑦牌山から1枚ツモって、手牌から1枚切る
⑧誰かがあがるor流局する
⑨③、⑤~⑧をオーラスが終わるまで繰り返す

それでは1つずつ説明していきます。

①座る場所を決める

東家・南家・西家・北家を決めます。
代表的な決め方は、東南西北をつかみ取りで場所を決める方法です。
場所が決まったら、各々以下のように指定の場所に座ります。

②洗牌(シーパイ)をする

全麻雀牌を裏返しにして、牌が表向きにならないようによく混ぜます。
このことを洗牌(シーパイ)と呼びます。

③牌山を積む

34枚の牌山を1人1つ作ります。
まず17枚の牌を横一列に並べ、その上に17枚の牌を乗せます。

レオン
レオン

初心者の方が一番苦戦する部分です。
大抵は牌を上にのせる時に崩して失敗します。

④親を決める

2つのサイコロを同時に振って親番を決めます。
まずサイコロを1回振って、次にサイコロを振る人を決めます。

次にもう一回サイコロを振り、以下のようにして親番を決めます。

なお、①の場決めで東家となった人が親番とする方法もあります。

レオン
レオン

私はこちらの方が楽でいいと思います。

⑤ツモ山を決める

親となった人が再度サイコロを振って、どこから牌をとるかを決めます。
先ほどと同様にサイコロを2つ同時に振って、出た目の数の人の牌山をツモ山にします。

(例)4が出た場合
→北家の山がツモ山となる。牌山を右から4番目で区切り、右側が王牌(ワンパイ)、左側がツモ山となります。なお、ドラ表示牌は王牌の左から3番目です。
レオン
レオン

王牌とは、ドラ表示牌を含む牌山のことです。
王牌は全部で14枚で、めくられることはありません。

⑥牌山から牌を取る

親(東家)→南家→西家→北家の順に、先ほど決めたツモ山から牌を4枚ずつ計12枚になるまで取っていきます。
12枚になったら、同じ順で今度は1枚ずつ牌山から取っていきます。

レオン
レオン

全員がの手牌が計13枚となればOKです。

⑦牌山から1枚ツモって、手牌から1枚切る

親(東家)→南家→西家→北家の順に牌山から1枚牌を取り、手牌から1枚切ります。
これを繰り返します。

⑧誰かがあがるor流局する

誰かがあがるか、または流局するかでその局が終了し、次の局へ進みます。

⑨③、⑤~⑧をオーラスが終わるまで繰り返す

③及び⑤~⑧をオーラスまで繰り返し、最後の局が終わればゲーム終了です。
飛びありのルールであれば、誰かが飛んだ時点でゲーム終了です。

実際のところ

以上の流れは手積み麻雀での流れです。
誰かの家やサー室で麻雀をする人はほとんどこの流れになるでしょう。
一方で、雀荘で麻雀をする人はほとんど自動卓を使用しているはずです。
自動卓の場合は、山を積む作業やサイコロを振る必要もありません。
最近では、いきなり配牌が配られた状態でスタートする自動卓も多いです。

レオン
レオン

雀荘で麻雀をすることがメインとなると、⑦⑧さえ覚えておけ問題ありません。

まとめ

今回は麻雀のゲームの流れについて説明しました。
もう一度ゲームの流れについておさらいします。

①座る場所を決める
②洗牌(シーパイ)をする
③牌山を積む
④親を決める
⑤ツモ山を決める
⑥牌山から牌を取る
⑦牌山から1枚ツモって、手牌から1枚切る
⑧誰かがあがるor流局する
⑨③、⑤~⑧をオーラスが終わるまで繰り返す

これから手積卓で麻雀しようとしている方は、今回の記事を是非参考にしてください。

私も大学時代は、サー室でよく手積みで麻雀をやっていました。
やればやるほど牌山を作るのが早くなるので、仲間内で誰か一番牌山を積むのが早いかを競っていたりました。
今ではほとんど自動卓でしか麻雀をしていませんが、たまには手積卓で麻雀がしたくなりものです。

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました