強者はみんなやっている?!残り筋カウンティング【麻雀の読み】

麻雀基本戦術

今回は、麻雀上級者であれば必ずやっているであろう麻雀の読みの基本「残り筋カウンティング」について説明しようと思います。
プロの対局でなぜか当たり牌だけビタ止めしているシーンを見たことはありませんか?
そのビタ止めには必ずと言っていいほどこの「残り筋カウンティング」が活用されています。

もやし
もやし

皆さんも是非本記事を読んで、「残り筋カウンティング」を実戦で活用できるようになりましょう。

残り筋カウンティングとは

残り筋カウンティングとは、相手の待ちとして残っているスジの本数を数えることです。

まず前提として、スジは以下のとおり各色で6本ずつの計18本あります。

萬子:一萬四萬 二萬伍萬 三萬六萬 四萬七萬 伍萬八萬 六萬九萬
筒子:一筒四筒 二筒五筒 三筒六筒 四筒七筒 五筒八筒 六筒九筒
索子:一索四索 二索五索 三索六索 四索七索 五索八索 六索九索

つまり相手の待ちがリャンメンだと仮定すると、上記のとおり最大18種類の待ちの候補があると考えることができます。
相手の河から残り何本のスジが残っているのかを数え、待ちの候補を減らしていく作業が「残り筋カウンティング」になります。

もやし
もやし

残り筋10本の時に無筋を押すのと、残り筋3本の時に無筋を押すのでは全く持って無筋の危険度が違いますよね。

それでは以下の河をご覧ください。

南西九筒七萬九萬二筒
五索三索六筒

さて、残り筋は何本あるでしょうか?
以下の方法にならって残り筋を数えてみましょう。

①数牌1つにつき、筋1本として数える
②しかし456牌は筋2本として数える
③同じ筋を重複して数えないこと

正解は残り10本です。
それで通っているスジを切られている順に確認をしましょう。

九筒六筒九筒 ⇒ 1本
七萬四萬七萬 ⇒ 1本
九萬六萬九萬 ⇒ 1本
二筒二筒五筒 ⇒ 1本
五索二索五索五索八索 ⇒ 2本
三索三索六索 ⇒ 1本
六筒三筒六筒六筒九筒 ⇒ 六筒九筒は既にカウントしているので1本
合計8本 よって残り筋は 18-8=10本 となります。

数え方のコツ

しかし最初のうちは残る筋を数えるのに時間がかかると思います。

もやし
もやし

私も最初の方が数えるの必死で押し引きに全く活かせませんでした。

そこで、おすすめの数え方は「先に456牌から数える」です。
先に456牌から数えれば、重複せずに楽に数えることができます。

もう一度先ほどの河をご覧ください。

南西九筒七萬九萬二筒
五索三索六筒

これを最初に切られている九筒から数えるのではなく、456牌である五索六筒から優先して数えます。
そのようにすれば、先に重複の多い456牌の2本計算から行うことができ、あとは456牌と重複のない残りの数牌だけを数えれば完了です。

今回の河であれば
「2(五索)+2(六筒)+1(七萬)+1(九萬)+1(二筒)+1(三索)=8、18-8=10」と計算することになります。

残り筋カウンティングの活用方法

残り筋を数えたらどのように押し引き活用すればいいの?

まず前提として、残り筋カウンティングは相手の立直に対して無筋を押そうと考えた時に活用します。
実際に押し引きする際には、自分の手牌価値・残り巡目・点棒・他家の動向など様々な要因が絡んでくるので一概には言えませんが、私は残り筋カウンティングを以下のように活用しています。

残り筋18~10本: 押せる
残り筋9本~5本 : 降り気味(テンパイであれば押せる)
残り筋4本~0本 : ほぼ降り

かなりざっくりとしていますが、実際押し引きをする時は自分の手や点棒状況、残り筋の方が大切ですので、実戦で活用する際にはこのレベルでも十分役立ちます。

なお、ケーテンプッシュをする時も残り筋カウンティングは役立ちます。
残りあと1枚押せばケーテンがとれる展開がたまにあると思いますが、残り筋を数えてみると意外と通っていないケースがあったりします。

もやし
もやし

ケーテンプッシュは、残っている筋が4本以上でかつ押す牌が456でなければ基本的に押せそうだと私は考えています。

まとめ

今回は麻雀強者であればだれもが自然とやっている「残り筋カウンティング」について説明しました。
麻雀プロが放送対局でたまにやるビタ止めは、残り筋を数えて限界だと思ったスジで止めた牌が、偶然当たり牌であったケースが多いと思います。

もやし
もやし

ただ麻雀の読みには他にもたくさんあるので、それらを駆使して本当に待ちを分かって止めているケースもあります。リーグ上位の麻雀プロは非常にレベルが高いです。

皆さんも残り筋カウンティングを是非覚えて、実戦で活用してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました