【雀荘紹介】麻雀 China【池袋】

池袋

今回は麻雀China池袋店に行ってきました。
麻雀China池袋店のルールや雰囲気について紹介していきたいと思います。
これから麻雀China池袋店へ行こうと考えている方の参考になれば幸いです。
ルールだけ知りたいという方は、序盤のお店の説明を飛ばしてルール説明の所からお読みください。

麻雀China池袋店とは

麻雀Chinaは渋谷・明大前・池袋にある雀荘チェーン店です。
麻雀China池袋店は池袋駅東口から徒歩3分ほどの所にあります。
場所は分かりづらいですが、サンシャイン中央通りをまっすぐ行ってすぐ右に小道があるので、そこで曲がってまっすぐ進むと看板が見つかります。

DSC_0010

隣に幸せのパンケーキがあるため、若い女性の行列ができています。
それを横目に階段で3階まで上るとお店に着きます。

DSC_0011

お店の入り口には、お客さんへコロナ感染対策についてのお願いの看板が置いてありました。
コロナ対策には力を入れているようです。

DSC_0012

ルール

・場代 600pt、トップ賞 300pt
・ピン東南のアリアリルール
・ウマ1-3
・チップ1枚3000点相当
・1本場1500点
祝儀牌が赤牌が各1枚+金5sが1枚の計4枚で、赤牌はチップ1枚の鳴き祝儀、金5sはチップ2枚の面前祝儀
・裏ドラ、一発、トビでチップ1枚
・永久白ぽっちあり、チップ1枚
・役満:ツモ1500ptオール、ロン3000pt
・60000点以上でコールド
4人立直以外の全ての途中流局あり※親流れ、本場1本積む
大明槓の責任払いあり
オーラス2着止めあり(3、4着止めは不可)
・11ハン以上は3倍満扱い、数え役満無し

祝儀牌について

祝儀牌は赤3+金5sの計4枚となります。
しかし、チップ1枚3000点相当とやや低めの設定となっているため、そこまで祝儀の価値は高くなさそうです。
金牌であれば祝儀6000点相当ですが、面前祝儀となっているため、少しハードルが高くなっています。
白ぽっちは立直後のツモであれば強制あがりとなります。

4人立直以外の全ての途中流局あり

ほぼすべての途中流局が採用されています。
親が流れるため、親番の時は注意が必要です。

大明槓の責任払いあり

結構珍しいルールです。
大明槓がそもそもそこまで発生しないですが、自分の切った牌で大明槓をされて相手が嶺上開花でツモあがった場合、自分だけが相手に点棒を支払わなければいけません。

オーラス2着止めあり(3、4着止めは不可)

オーラスは2着以上でないとあがり止めできません。
2着目と遠い3着目の時は注意が必要です。

雰囲気について

メンバー・客共にとても話しやすくて居心地が良かったです。
客は20代~30代が多く、全体的に若い客層となっていました。
また、コロナ対策が他の雀荘よりしっかりしていて、打っている途中にメンバーがアルコール消毒の容器を持って、客にアルコール消毒をしてもらうようにお願いをして回っていました。

レオン
レオン

コロナが気になる方も、ここであれば他より安全にできるかと思います。

まとめ

オーソドックスなピン東南でした。
祝儀が若干低めのため、着順重視で打つことが大切かと思います。
客の年齢層も若いため、ピンデビューしたい学生や新社会人の方にはおすすめの雀荘となっています。

是非麻雀China池袋店で麻雀を楽しんできてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました