【雀荘紹介】フリー麻雀 ネコジャン【新宿】

新宿

今回は新宿にある三麻雀荘のネコジャンに行ってきました。
ネコジャンの雰囲気やルールについて説明していきたいと思います。
新宿で三麻雀荘を探してる方、ネコジャンが気になっている方の参考になれば幸いです。

ネコジャンとは

ネコジャンは新宿の歌舞伎町一番街にある三麻雀荘です。
比較的安めのレートですので三麻初心者の方も気軽に遊ぶことができます。
もともとは四麻雀荘だったのですが、令和3年5月28日より三麻雀荘にリニューアルオープンしたようです。

ネコジャンはゴールドビルの5階にあります。

もやし
もやし

看板も大きく歌舞伎町一番街をまっすぐ歩けばあるので、比較的すぐ見つかると思います。

ルール

ゲーム代400円トップ賞200円、ドリンク代200円
・35000点持ち40000点返しのアリアリルール
・順位ウマ +700pt・-200pt・-500pt
・索子筒子の5は全て赤牌、抜きドラあり(1枚だけ金)
一萬九萬一筒九筒一索九索に各1枚金牌あり
祝儀は1枚100pt(鳴き祝儀)
北は共通役牌
・1本場1000点
・ノーテン罰符は場に2000点
・テンパイ連荘
・0点ちょうどはトビ(トビ賞は祝儀1枚)
・ツモ平和あり
・符計算は30符のみ
・数え役満は15翻から
・永久ぽっちあり
・4枚七対子あり
・フリテン立直あり
・オープン立直あり
・役満祝儀:ロン1000pt、ツモ500ptオール
・萬子ホンイツ、流し、人和、大車輪、四槓子は役満
もやし
もやし

マイルドなテンゴの関東三麻です。
以下よりルールの詳細について説明していきます。

赤牌・金牌・抜きドラについて

萬子と索子の全5が赤になっています。
一萬九萬一筒九筒一索九索に各1枚金牌が入っています。

抜きドラは萬子の赤伍萬になっており、1枚だけ金牌になっております。
なお、萬子のドラの順番は一萬赤伍萬九萬です。

もやし
もやし

19の金牌が結構見づらくて何の牌かぱっと見認識ができませんでした。

祝儀対象について

一発・裏ドラ・金牌・トビ賞に祝儀は発生します。
祝儀は1枚100ptとなっています。

フリテン立直・オープン立直について

フリテン立直・オープン立直とも可能です。
ただし、通常立直後の見逃しは流局後発覚した段階でチョンボ扱いとなります。
オープン立直は2000点を供託に出し、手牌を全て公開します。
なお、3人目のオープン立直はかけることはできません。

雰囲気・サービス

店内は最近できた雀荘ということもあって非常に綺麗でした。

私は金曜日の夜に行ったのですが、新宿にも関わらず客が全くいなくてびっくりしました。
私が入った時は若い男性メンバー2人と20代後半のサラリーマンの3人だけでした。
メンバーやお客さんは適度な距離を保ちつつ、楽しく雑談をしながら麻雀を打っている感じです。

もやし
もやし

過剰な煽りやマナ悪はありませんでした。

ドリンク代として最後に200円を支払うのですが、関西では主流のやり方らしいです。
私がお水を頼むとクリスタルガイザーのペットボトルが出てきたので、他のドリンクもペットボトルなのでしょうか。
有識者の方がいらっしゃたらドリンクサービスについて教えていただけると幸いです。

また、ネコジャンは6階にアミューズメントカジノが併設されており、そこで働いている女性スタッフがネコジャンにも在籍しているようです。

もやし
もやし

通称ネコジャンガールで、猫耳を付けた綺麗な女性が接客してくれるようです。なぜ私は男性しかいない時間にいったのでしょうか・・本当についていないです。

新規の客にはゲーム終了後、ゲームサービス券が渡されます。
2回目は2ゲーム無料、3回目は3ゲーム無料、4回目は4ゲーム無料、そして5回目ですと全ゲーム代半額になるようです。

もやし
もやし

新規のうちは行くたびにどんどん得になるシステムですね。ただし有効期限が1か月と短いので、そこそこの頻度で行かないと消費できません。

まとめ

今回は新宿にある三麻雀荘のネコジャンについて紹介しました。
比較的マイルドなテンゴ三麻で、客やメンバーも良かったので初めて三麻雀荘に行きたい人にはおすすめできます。
ただ、ゲーム代が高く、順位ウマもトップ以外マイナスなので、かなり浮きづらいルールのように感じました。
そのため、がっつり打つというより、新宿にいる時で空いた時間にさくっと打ちたい時に丁度よいと思います。

本記事を読んでネコジャンに興味を持った方は是非行ってみて、私の代わりにネコジャンガールを拝んできていただけると幸いです。

もやし
もやし

次はネコジャンガールの出勤を狙って私も行ってみます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました