【雀荘紹介】麻雀CABO(カボ)とは?

雀荘紹介

麻雀CABO(カボ)ってどんな雀荘?

今回は全国に展開されている雀荘チェーンである麻雀CABO(カボ)について紹介していきたいと思います。

レオン
レオン

麻雀CABO(カボ)のルールや雰囲気、そしてどんな人におすすめかを分かりやすく説明します。麻雀カボに興味のある方は是非ご覧ください!

麻雀CABO(カボ)とは?

麻雀CABO(カボ)とは、創業38周年を迎える優良雀荘チェーンです。
現在全部で20店舗あり、都内を中心に全国の地方都市に店を展開しています。

レオン
レオン

店名は、「さん」・「CABO(カボ)」・「BULL(ブル)」の3種類ありますが、ルールには相違ありません。

また、様々な女流プロをゲストとして招いており、麻雀プロが多く在籍している雀荘でもあります。

ルール

・東南戦、アリアリルール、ウマ10-30
・25000点持ち30000点返し
・祝儀は一発、裏ドラ、スーパー赤3p、暗槓(後程説明します)
・55,000点コールド
・テンパイ連荘
・1本場300点
形式テンパイなし(後程説明します。)
レオン
レオン

麻雀カボのルールの最大の特徴は「スーパー赤3p」「暗槓祝儀」です。これらは他の雀荘では見られないかなり特殊なルールとなっています。

赤牌について

カボではレートによって赤牌の枚数が異なります。

●Aルール(ピン) :3pに赤が2枚あり、そのうち1枚がスーパー赤3p
●Bルール(テンゴ):萬子・索子・筒子に3に各1牌ずつ

通常の赤は祝儀対象ではなく、ただのドラ扱いです。
ただし、Aルールのスーパー赤3pは面前であがった場合のみ祝儀対象となっています。

祝儀対象について

祝儀は一発・裏ドラ・スーパー赤3p・暗槓で祝儀が1枚発生します。

レオン
レオン

Aルールの場合、祝儀1枚500ptです。
Bルールは打ったことがないので分かりませんが、祝儀1枚100円~200円かと思います。

スーパー赤3pは先ほど言ったとおり、面前であがった場合のみ祝儀が発生します。

そして最も特徴的なのが「暗槓」での祝儀発生です。
言葉通り、暗槓することで同卓者から祝儀1枚オールすることができます。

レオン
レオン

局の終了時ではなく、暗槓した時点で祝儀を支払います。

また3pの暗槓の場合は、暗槓した時点で3000点オール+祝儀1枚オールをすることができ、かなり強力な暗槓となっています。

レオン
レオン

3pが4枚そろったら即暗槓した方が良いでしょう。

形式テンパイなし

これもカボの特徴的なルールの1つです。
終局時に役がないとテンパイ扱いされず、ノーテン罰符を得ることができません。

テンパイにならない例

①副露した役なしテンパイ
發發一萬二萬三萬四筒五筒六筒二索四索 チー七筒八筒九筒

②役ありだが、自分で同じ牌を4枚以上使ってのシャボ、単騎待ち
二萬三萬四萬六萬七萬八萬三索三索三索三索 ポン七索七索七索
四萬伍萬六萬三筒四筒五筒八筒二索三索四索 ポン八筒八筒八筒

テンパイになる特殊例

①役ありであがり牌がない場合
四筒が4枚切れ
二萬三萬四萬六萬七萬八萬三筒五筒八索八索 ポン二索二索二索

②ツモり三暗刻

二萬三萬四萬一筒一筒一筒七筒七筒七筒三索三索九索九索 チー七萬八萬九萬

サービスや雰囲気

メンバーは男性はタキシードのような服装、女性はウェイトレスを着ており、紳士的な接客であるのがカボの特徴であるかと思います。
客の年齢層は比較的高めで、40代以上の男性が多いです。

レオン
レオン

雀荘慣れしていて特殊なルールをやってみたい方にはおすすめの雀荘です。

また、女流プロが多数在籍しており、ゲストとして様々な女流プロを招いています。
麻雀カボの公式サイトをご覧いただくと、女流プロの出勤スケジュールや看板娘といった項目が設けられています。

レオン
レオン

「綺麗な女流プロと麻雀がしたい!」という方にも非常におすすめします!

まとめ

今回は麻雀CABO(カボ)について紹介しました。
カボの特徴は「スーパー赤3p」と「暗槓祝儀」という特殊ルール、そして「女流プロが多く在籍していること」です。

カボでの特殊なルールの麻雀をやってみたい方、また女流プロと麻雀を打ちたい方にはおすすめの雀荘となっています。
全国にお店を構えていますので、お近くにカボがある方は是非訪れてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました