【麻雀】イーシャンテンについてどこよりも詳しく解説します

麻雀ルール

麻雀でイーシャンテンって聞くけど、どういう意味なの?

今回はこのような疑問を持った麻雀初心者のために、麻雀のイーシャンテンについて分かりやすく説明したいと思います。

イーシャンテンとは

イーシャンテン(1シャンテン)とは、テンパイの1つ前の段階のことを意味します。

例えば以下の手牌をご覧ください。

西二萬三萬七萬八萬九萬四筒五筒八筒八筒三索四索五索

これは一萬四萬三筒六筒待ちのイーシャンテンで、いずれかを引いて西を切ればテンパイになります。

ちなみに
テンパイの2つ前の段階:リャンシャンテン(2シャンテン)
テンパイの3つ前の段階:サンシャンテン(3シャンテン)
と言います。

もやし
もやし

3シャンテン⇒2シャンテン⇒1シャンテン⇒テンパイのように、テンパイに手牌が近づくことを「シャンテンが進む」と言います。

当たり前の話ですが、イーシャンテンからテンパイになる時に引かなかった方の牌がテンパイ時の待ちになります。
この場合ですと、一萬を引いてテンパイした場合、待ちは引かなかった方の三筒六筒になります。

もやし
もやし

形が複雑なイーシャンテンでテンパイ時に待ちが分からなくなりそうな時は、この原則を覚えておくと便利です。

【応用】完全イーシャンテンについて

イーシャンテンの中にも様々な種類がありますが、不要牌がなく受け入れが最大となっているイーシャンテンのこと「完全イーシャンテン」と呼びます。
具体例をいくつか見ていきましょう。

リャンメン対子×リャンメン

二萬二萬三萬六萬七萬八萬三筒四筒五筒四索五索八索八索
●受入枚数:一萬二萬四萬三索六索八索の5種20枚

もやし
もやし

どちらかのリャンメン部分が対子になっているよくある形の完全イーシャンテンです。どこが入ってもリャンメンテンパイにできます。

リャンメン対子×愚形

二萬二萬三萬六萬七萬八萬三筒四筒五筒二索四索八索八索
●受入枚数:一萬二萬四萬三索八索の5種16枚

リャンメン×愚形対子

二萬三萬六萬七萬八萬三筒四筒五筒二索二索四索八索八索
●受入枚数:一萬四萬二索三索八索の5種16枚

もやし
もやし

②③どちらも①よりも受入枚数が劣りますが、不要牌がなく受け入れが最大になっています。③の方が、二萬の受け入れがなくなる代わりに二索の受け入れがある分、テンパイ時にリャンメン待ちになりやすくなります。

愚形対子×愚形

二萬二萬四萬六萬七萬八萬三筒四筒五筒二索四索八索八索
●受入枚数:二萬三萬三索八索の4種12枚

もやし
もやし

不要牌がなく受け入れ最大ですので完全イーシャンテンの定義には当てはまりますが、テンパイしても必ず愚形待ちになります。

このように完全イーシャンテンでもいくつか種類がありますが、受入枚数は①>②=③>④の順で多いです。
特に②③についてですが、両面×愚形のイーシャンテン時に愚形部分にフォロー牌を持つことで、リャンメンテンパイの可能性をあげることができます。
以下の牌姿をご覧ください。

二萬二萬三萬六萬七萬八萬三筒四筒五筒二索二索四索八索八索

このようなイーシャンテンの時に、二萬を切って③の形にすることで、テンパイ時にリャンメンテンパイになりやすくなります。

もやし
もやし

「イーシャンテン時に迷ったらリャンメン固定」 で覚えておきましょう!

まとめ

今回はイーシャンテンについて説明しました。

イーシャンテン:テンパイの1つ前の段階のこと

応用編では「完全イーシャンテン」について簡単に説明しました。
完全イーシャンテンを意識することで、より早くテンパイすることができ、普段打っているセットメンツと差をつけることができます。

もやし
もやし

最近では完全イーシャンテンに取らずに安全牌を抱える打ち方も有効ではないかと研究されていますが、初心者のうちは完全イーシャンテンに取ることを意識した方が良いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました